ノマド的環境に憧れていたけど、実際やってみると恥ずかしかったので、結局iPhoneで記事を書くことになった

この記事の所要時間: 30

たまーにスマホのフリック入力でブログ記事を書いているよーと報告している方、いますよね。

ノマド生活に憧れている僕はiPhoneでチマチマ文字入力はできないと思いこんでいて、やっぱ執筆はMacBookでしょ!という先入観から今の13インチ型MacBook Proを購入した経過もあります。

でも、現実はそうではなかった・・・というのが今回のお話です。

スポンサーリンク

混んでる公共機関でパソコン開くの恥ずかしい

みなさんは、ブログ記事を混み合ってる電車やバスの中でノートパソコン開いて書けますかね?

っていうのも、先日札幌に出張があって、バス移動だったので片道数時間も空き時間があったのでMacBook Proを持ち込んでバリバリ記事を書こうと思ってたんです。

ところが、いざバスに乗ってみたら、ほとんど満席状態、パソコンを開ける雰囲気ではない&書いてる内容見られるのは恥ずかしいって感じになってしまいまして、このままでは只々6時間をムダに寝て過ごすことになります。

実は僕、スタバなどのカフェでMacBook開いてドヤるのもめちゃくちゃ苦手で、やっぱり周りの目が気になってパソコンを開けないんですよね。

以前モスバーガーでMacBook開いて記事を書いたこともあるのですが、他のお客さんがいない時は最高にタイピングが進むんですが、一人でも他のお客さんがきたら、集中できなくなってしまい、記事が書けなくなってしまいます。

考えた対応策 結局iPhoneで記事を書くことだった

まぁそんなわけでMacBookは一度もバスの中で開けなかったわけですが、時間をムダにするのはもったいない。

じゃあスマホで記事を書く練習をしよう!となりまして、この記事もスマホで書いてました。媒体はEvernoteです。

書いた記事がオンラインで同期するので、わざわざメールなどでパソコンに送らなくていいのはとっても便利。

スマホで書いてて思うのは、意外と早いスピードで打てるってのと、予測変換がめちゃくちゃ便利っておもいました。

予測変換なんてスマホを使う上では当たり前の機能なんですが、LINEみたいな短文の連絡手段だけではなく、長文を打つときにも十分予測変換が使えます。

いや、むしろ長文打つ時の方が恩恵にあずかれる気すらします。

装飾やリンク、画像縮小はiPhoneでは無理なのでMacを使う

問題点としてはやっぱり文字装飾や画像加工ですね。

この記事ははEvernoteで原稿を書いてますが、Macで書くときはビジュアルエディターを使っているので、Evernoteでは見出しタグをつけられません。

画像に関しても、普段はLightroomでリサイズし、画像左下にロゴとしてブログ名の透かしを入れているのですが、スマホで撮った画像の場合はそういった加工ができません。

リンクももちろん無理です。

って事で、そのあたりの作業はやっぱりMacBook Proの出番で、記事はバスの中で書いて、宿泊先のホテルなどで仕上げをする。そんな流れであれば、時間を有意義に活用すること出来ました。

今後の課題

MacBookProなしで、すべてを完結できるようになれば完璧です。

問題は画像のりサイズ問題、リンク入れをどうやるのか。

ホテルに戻ってからやるっていう作戦も悪くはないと思いますが、バスの中で全部が完結できれば最高ですね。

良い方法知ってる方いたら、是非とも教えてください。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です