早くもアルトワークスの加速力に物足りなさを感じるようになった

スポーンサーリンク



この記事の所要時間: 11

アルトワークスの加速力に物足りなさを感じるようになってきました。

北海道もいよいよ雪解けシーズンとなり、今日も洪水警報が発表されるくらい、急激に雪が解けています。

雪が解け、路面の氷がなくなったので、アスファルトの上で思い切りアクセルを踏み込めるようになったのはいいのですが、逆にグリップしてもこの程度の加速だっけ?と思うようにもなりました。

冬期はフルスロットルかますとタイヤが空転してしまうので、常にハーフスロットルだったわけですが、雪がなくなってフルスロットルでもトラクションが掛かるようになったところで、加速感は冬期とほとんど変わらない感じです。

僕は今回はじめてのターボ車だったこともあり、高回転が伸びない車は経験がなかったので、エンジンの回転数と加速力が比例しない感覚は正直気持ち悪いです。

とはいえ、低回転域のトルク感は、ターボ車ならではの力強い加速を得られます。これはNA車では味わえない感覚をえることはできます。

文句ばかり言ってしまいましたが、もう少しお金がたまったら、ECUチューンしてみたくなりましたね。せっかくいい車なので。

アルトワークス記事一覧へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です