2014冬-2015春モデルのスマホ カメラ性能比較総評

iphone6plus-538898_640

数日ぶりの更新となります。rubyです。

すっかりモンストにはまりきっておりまして、エヴァコラボの13号機の運極を作るために、記事を書く時間すらすべてクエストに費やしておりました。おかげさまで、運極完成しました。運極は素晴らしいですね。ほんとに。この辺りは後日別記事で書こうかと思います。

さて、スマホカメラの説明書シリーズですが、時期的に夏モデルが登場する直前ということもあり、一旦この辺で2014冬-2015春モデルについては、締めていこうかと思います。

最後に、Galaxy S6 edge、iphone6及びplus、Xperia Z3 SO-01Gのカメラ性能について比較しながら評価していきたいと思います。


スポンサーリンク

カメラ自体の性能が一番高いのはGalaxy S6 edge!

スクリーンショット 2015-05-09 16.16.24

カメラ自体の性能が一番高いのは、Galaxy S6 edgeです。F値が1.9でしかも光学式手振れ補正と、カメラの基本とも言える要素は、僅差ですが当機種がもっとも高評価でした。

画素数が1600万画素と多めなのが、わずかに残念なところではありますが、それを差し引いても光学式の手振れ補正は素晴らしいので、総合力はナンバーワンでしょう。

次点でiphone6plus。あまり広めの撮影範囲が好きじゃないなら一番使いやすいかも。

スクリーンショット 2015-05-09 23.17.21

iphone6は【plus】に限って光学式手振れ補正が採用されているので次点としました。

Galaxyにはカメラ性能で一歩及びませんが、もしあまり広目に映るカメラが好ましくないと思うのであれば、こちらのほうがオススメとも言えます。iphoneのカメラは画角(カメラの写せる広さ)が多少狭いので、人物の顔があまり歪まずに撮影することが出来ます。

Android勢のスマホは基本的にかなりの広角レンズを使っているので、iphoneだけが撮影範囲に関して毛色が違います。

狭いところで撮影するシーンが多い人はGalaxyなどのAndroid系が、ある程度広さがある場所で撮影する機会が多い人はiphoneのカメラのほうが使い勝手が良いでしょう。

残念ながら第三位にXPERIA Z3。だけど暗い場所で撮影する機会が多いならこれが一番オススメ

スクリーンショット 2015-05-10 23.21.45

2000万画素を超える超高画素センサーを搭載したXPERIA。画素数だけを見れば、正直私は選びたくないですが、ただ、暗所での撮影はおそらくこの機種が一番強いと思います。

理由としては最大ISO感度が12800まで上げれる点です。iphoneの場合、manual操作できるアプリを使っても最大ISO感度が3200までしか使えなかったため、暗い場所では手振れと被写体ブレが厳しいと思います。

その点XPERIAは12800まで使えるので、単純に考えてiphoneよりも4倍速いシャッター速度で撮影することが出来、ブレを抑制することが出来るでしょう。

まとめ

カメラ性能第一でスマホを選ぼうと考えているのであれば、やはり最新のGalaxyS6edgeということになります。あくまでスペック上での話なので、何もかも含めて最強!とまで私からは断言できませんが、少なくとも、失敗するということはなさそうです。

iphone6はカメラとしての動作感は一番良いと思います。ただ、基本的なスペックは、Galaxyには劣ります。画素数の少なさは、この機種の良い所で、無駄に容量を食わないので、気軽にシャッターを切れます。XPERIAとは正反対ですね。

ただ、覚えておいて欲しいのが、結局のところスマホのカメラ機能はデフォルトではAUTOモードしかないということで、細かなシャッター速度等を調整したい場合は別途アプリを入れる必要があります。

スポーツでブレなく撮りたい!料理を温かみのある色で撮りたい!などの細かな希望があるのでしたら、オート撮影では上手く行きません。

よって以下のアプリを使ってみてください。スマホカメラは一眼レフなどに比べればかなり性能の幅は制限されますが、一眼レフチックな設定を楽しむことが出来ますよ。※iphone用。アンドロイド用もたくさんありますので、「スマホアプリ カメラ シャッター速度」などと検索してみてくださいね。

Manual Cam
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ¥240
The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です