雨の日や湿度が高い日はどうして髪の毛のくせ毛がひどくなるのって話とその対策。

person-731165_640

雨の日のくせ毛は悲惨です。なぜそう思うのかというと、僕自身がとんでもないくせ毛の持ち主だからです。

・・・はい、どうもこんばんは。rubyです。

雨の日や湿度が高い日、霧が濃い町でもそうですが、どうして雨や湿度はくせ毛が強くでてしまうんでしょう。

今回は別に今さら知っても知らなくてもどうでもいいけど、一応覚えとくといいかもよ!っていう話をしていこうと思います。

またおまえか!髪の毛の外装キューティクル!

キューティクルですよ、またキューティクルです。

キューティクルは髪の毛の最も外側を覆っている髪の毛の3大構成の1つですが、このキューティクルというモノ、濡れたり湿度が高いとパカっと開くんですよ。

こいつがパカっと開くと何が悪いかって、湿気や水分がまともに髪の毛の内部に侵入してしまいます。

これによってくせ毛の源とも言えるコルテックスに水分が侵入します。折角ドライヤー等でコルテックスが少しでもまっすぐバランスを保っている時にドライヤーの風とコームでキューティクルを閉じることで、かろうじてまっすぐにしている髪の毛を、初期化してくれちゃうんですよ。

つまり、髪の毛の外殻部であるキューティクルの水分により開いてしまう性質によって、せっかくのドライヤーでセットした髪の毛が、もとのウネウネ髪に戻ってしまう、そういうことなんです。

rubyからのまとめ!

rain-931858_640

水分や湿気で髪の毛にクセが戻ってしまうのは、水分によって開いてしまい、髪の毛の内部が無防備になってしまうキューティクルの性質によるものでした。

逆に言えば、キューティクルを開かせないようにすれば、少しでも湿度や水分に対する耐性ができる・・・・そういうことでもあります。

だからお風呂やシャワーから上がった後に使用するヘアトリートメントなどで、髪の毛の外装であるキューティクルをコーティングしてしまえば、少しでも髪の毛が湿気や水分に強くなるっていうことなんです。

あ、そうそう、せっかくなので、オススメのヘアクリームのリンクを置いておきます。

DSCF1654

くせ毛の人のための洗い流さないトリートメント rishirich(リシリッチ)【公式サイト】

【これをおすすめする理由】

どうしてこれを薦めるのかというと・・・

実際にこれしか使ったことが無いからです。スミマセン。。

ただ、このクリームはヘアクリームなので、コーティング効果はもちろん、エルカラクトンというドライヤーの熱を利用した開いたキューティクルを閉じる効果がある成分が配合されているので、湿気対策にはかなり有効だと思います。

本当はいろんな商品を比較できればいいのですが、最初に購入したリシリッチが想像以上にしっくりきたので、価格が安いうちはこれ一本でいこうかと思っています。まだ発売されてから日が浅いので、多分今はキャンペーン価格なのだと思います。送料込で1400円くらいですから。

今後リシリッチが値上げすれば、他の商品も購入を検討するかもしれませんが、とりあえず、現在の価格であればおすすめです。

くせ毛の人のための洗い流さないトリートメント rishirich(リシリッチ)【公式サイト】

まずは覗いてみてください。公式サイトには私が触れていないことも結構書いてあるので。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です