【レビュー】iPhone7Plusでも使えるiPhone8Plus用Anker KARAPAX Touch マット仕上げ保護ケース

久しぶりにiPhoneのケースを新調したのでレビューしてみたいと思います。

今回はAnker KARAPAX Touch マット仕上げ保護ケースというアンカー製のものです。

それでは早速はじめて行きましょう!

購入の経緯

もともと僕は手帳型のケースを使っていたのですが、安物のフェイクレザー製だったので、表面がボロボロになってきてしまいました。

手帳型のメリットは何よりも会社でスマホを開く際にカジュアル感が出ないこと。

ましてや取引先でスマホを開くのにきらびやかなケースに包まれていると、仕事以外の何かをしているのかと誤解を与えてしまう可能性があります。

よってビジネス用途には暗い目の手帳型はもってこいなんですね。

とはいえ、手帳型は開く動作がいちいち面倒なこと、ふたの部分を後ろに折り返すとLEDライトやカメラを塞いでしまい、使い勝手が悪いなど、デメリットもそこそこあるんですね。

あと大きくかさばること。せっかくの薄型スマホが最悪2倍の厚さになってしまうこともしばしばあります。

いずれにしても今の僕にとっては手帳型のデメリットの方が総合的に上回ってしまっているため、今回はストレート型のシンプルケースに変更するという決意をしたわけですね。

価格と見た目のバランス

当初は本革製ケースが候補に挙がりました。

ですが、本格的なものはどれも5000円以上と高価で、コストバリューに優れるとはいえないものが多いです。

よって今回は本革は除外。TPU製のシンプルなものを探しました。アルミ製や硬質プラスチックのものは表面が滑るので、持ちづらいためこれらも除外です。

カジュアルすぎず、ビジネス用途でも違和感のない感じのケース、これが今回の狙いです。

アンカーからiPhone8Plus用のケースが発売される

先日新型のiPhone8、iPhoneXが発表となりました。

ちなみに、昨年7Plusに変えた僕は今回はスルーです。

そしてタイミング良く、新型iPhoneに合わせてモバイルバッテリーで有名なアンカーからiPhone8Plus用ケースが発売されました。

Amazonの商品説明を見る限り、iPhone7Plusには対応していないようでしたが、iPhone8Plusの外寸及びデザインはiPhone7Plusとほぼ完全に同一(8Plusの方が0.数ミリ大きい)なので、問題ないだろうと考え、購入することに。

ちなみに選んだのは、上のシンプルな方です。

KARAPAX Shieldの方は、見た目はものすごく格好いいと思いますが、やはりカジュアルすぎるというか、ビジネス用途には向かないと感じましたね。

Anker KARAPAX Touch 到着&装着

見ての通り、見た目は極めてシンプルです。サイズ感は全く申し分がありません。ぴったりサイズでした。

ツインカメラの位置合わせもドンピシャです。

ちょっとフィルムの隙間にほこりが見えちゃってますが、表面も全く問題ありません。

スピーカー、Lightning端子の位置も寸分違わぬ精度で、iPhone8Plus用でも7Plusに使えることがはっきりしました。

音量のミュートスイッチも完璧です。

スイッチよりも大きく周囲をえぐった形状となっているため、爪が短くても簡単にON・OFFできますね。

音量ボタンの押し心地も堅すぎず、柔らかすぎずいい感じです。

【総評】Anker KARAPAX Touch マット仕上げ保護ケース

アンカーは安価で良い製品を提供してくれる素晴らしいメーカーですね。

今回も799円と信じられない価格で購入することができました。

以前購入した500円くらいのケースは・・・まぁ、価格なりという感じでしたね。(本ケースに比べると・・・。)

先ほど紹介したもう一つのごつい方のケースでも879円ですから、好きな方を選べばいいと思いますね。

Anker KARAPAX Touch、かなりおすすめだと思います。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です