答えは行動の先にある

スポーンサーリンク



この記事の所要時間: 252

答えは行動の先にある。

ようやくわかりました。

今日、妻とケンカしました。

そして「もう家になんかいるもんか!」と子どもみたいな理由で家を飛び出しました。

そこで見た景色が、すごかった。

今回はそんなお話です。

真夜中に家を飛び出し、宗谷岬へ車を走らせた

ブログを書いている今考えなおしても、本当にバカみたいな話です。

深夜の宗谷岬でツイートしてやる!っていう謎の発想が全身を駆け巡り、妻との喧嘩後すぐにアルトワークスを走らせました。

こんな深夜に家族を家に置き去りにし、一人で遠くまでドライブに行くのは結婚して以来初めてのことで、最初はものすごい勢いで罪悪感みたいなものが襲ってきたのですが、次第に違う感情がこみ上げてきました。

あれ?なんか楽しい?

ついに自分もイカれたかと思いました。

しかし、その次の瞬間にはある懐かしい感情が脳内を走ります。

あ、この感じ、独身の時に感じたワクワク感だ・・・

今まで思い込んでいた楽しさと全く次元の異なる楽しさ

結婚してからは当然ですが、家庭が最優先です。

いや、それが当然だと思っていましたし、今も家庭は優先事項の一つです。

例えば今回の深夜ドライブは、以前から写真撮影をするためにやってみたいと思っていました。でも無意識レベルでその思いは消されていきました。

そう、僕の中の常識らしき感情がこうささやくんです。

おいお前、そんな無駄なことにガソリン代使うくらいなら、貯金に回すか、家族を外食にでも連れて行けよ!

そして、深夜撮影ドライブは叶うことは一度もありませんでした。でも、それが当然と考える自分も確かに存在したと思います。

しかし今回、ヤケクソで強行した深夜ドライブは本当に楽しかった。いや、楽しかったというよりも楽しさとはなんなのか、それを久しぶりに思い出したと言ったほうが正解でしょうか。

今まで楽しいと思いこんでいたものは、実は常識という枠に囚われた偽物の感情だったのかもしれない。。。そう思ったのです。

「行動」によって長年探していた「本当の楽しさ」という感情を思い出すことが出来た

こんなタイミングで楽しさを思い出すなんて、全く予想外でした。

きっかけとしてはむちゃくちゃな話ですし、家族放置という事実も否定できませんが、その結果、最近何故心の底から楽しいと思えることがなかったのか、その理由がわかってしまいました。

経緯はともあれ、結果として深夜ドライブという行動が、僕に封印されていた心を呼び戻してくれました。

今回のお話は、とても褒められたものではありません。

でも、頭のなかで考えてもわからないものは確かに存在する。行動しなければ絶対にわからないものがそこにあると、今回の事件を通して学ぶことが出来ました。

行動が大事って、よく聞く言葉ですが、それは自分の中にある常識の枠を無視するほど思い切った行動をして、初めて意味があるものでした。

したっけねー。(ちきりん氏風)

PS.

明日の朝、妻には謝ろうと思います。ケンカの原因は僕にもあるわけですし、やはり家族は家族で本当に大切なものだと思っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です