ASUS ZenFone 5Q ZC600KLのカメラを解説!(画質・性能・スペック・評判・購入方法まとめ)

スポーンサーリンク



この記事ではASUS ZenFone 5Q ZC600KLのカメラについて解説します。

結論から言うと、このスマホのカメラはアウトドア好きの方や、トラベラーにかなり向いていると思います。

その理由は充実した超広角レンズが2つも搭載されていることにあります。

アウトカメラもインカメラもレンズが広角+超広角の計4眼レンズとなっており、Huaweiのような補助カメラは一つもないため、全部のレンズが撮影用となっています。

超広角レンズは広大な風景の撮影に向いてますし、被写体を至近距離撮影すればデフォルメ効果で面白い写真が撮れるなど、撮影者のセンス次第で無限の表現力を発揮することができます。

インカメラとしてもセルフィーに向いている超広角レンズが搭載されているので、自分を入れつつ、風景もしっかり撮るといった使い方にも向きます。

さらに、普通の広角レンズもアウト・イン両方に搭載しているので、一般的なカメラの使い方もOKです。

一つ一つのスペックはハイエンドではないものの、これだけ武器があればカメラとしてはかなり使いでがありますね。

それでは細かく見ていきましょう。

【参考】他の超広角レンズ搭載のスマホ

ASUS ZenFone Max Plus M1

ASUS ZenFone5 ZE620KL

ASUS ZenFone4

ASUS ZenFone4 Selfie ZD553KL

ASUS ZenFone 5Q ZC600KLのスペック・性能

※表が横長のため、横スクロール必須です。

機種名最低月額料金
(通話プラン
+端末代)
カメラ総合評価センサー
画素数 
F値画角
(35mm換算)
手ぶれ補正ズーム倍率背景ぼかし動画防水性能画面サイズSoC
(CPU)
保存容量
MicroSD
対応容量
RAM
(メモリ)
発売日
ASUS
ZenFone 5Q ZC600KL
1600万(広角)
800万(超広角)
2000万(前面1)
800万(前面2)
F2.2(広角)
F2.4(超広角)
F2.0(前面1)
F2.4(前面2)
24mm(広角)
12mm(超広角)
24mm(前面1)
12mm(前面2)
電子式光学2倍
デジタル?倍
対応4K30p非対応
6.0型
2160×1080
SnapDragon
630
64GB
MicroSD
2TB対応
4GB2018年
3月15日
備考
カメラ評点8.25点10点6点10点6点10点10点9点5点 カメラ評価
対象外
カメラ評価
対象外
カメラ評価
対象外
カメラ評価
対象外
【参考】当ブログ独自調査結果

2018スマホカメラ最強ランキング

ASUS ZenFone 5Q ZC600KLのカメラ特徴

○良いところ
  1. 超広角レンズ搭載を表と裏に2基装備しており、超広角撮影においては類を見ない最強性能
  2. SoCがスナドラ630とミドルハイスペックのものを搭載しているのでカメラ操作だけではなく普段遣いも快適に動作する
  3. まさかの4K撮影対応(30fps)
  4. 背景ぼかしもアウト/インカメラ両方に対応している
×惜しいところ
  1. 光学式手振れ補正非対応のため、暗所性能が弱い
  2. ミドル帯なので仕方が無いが、やはり防水性能はない

ASUS ZenFone5Z ZS620KLのツイッターでの評判

ruby
画質はかなりいい感じ。スペックから考えて、ASUS ZenFone4 Selfie やSelfieProと同じカメラが使われてる

https://twitter.com/cashmere238/status/1007080672798765056

ruby
ミドル帯のスマホでも顔認証が当たり前になってきましたね

ruby
SIMが2枚挿さる端末はたいてい片方のスロットがMicroSDと共用ですが、ASUS ZenFone 5Q ZC600KLはそれぞれ独立しているので、写真データが増えても問題なさそうですね。

ruby
なぜにここでコストダウン?!っていう仕様。充電端子はそろそろ全部タイプCに統一して欲しいところ

【まとめ】ASUS ZenFone 5Q ZC600KLのカメラ

冒頭でも触れたとおり、旅先で最も活躍しそうなカメラを持つスマートフォンです。

超広角レンズは本当に扱いにセンスが必要です。風景写真も構図を意識しなければのっぺりした写真になってしまいます。背景に余計なものが写り込んでしまいやすいのも超広角の宿命です。

もっとも、超広角以外にも通常の広角レンズも搭載されているので、要所要所で使い分けをしながらカメラ運用をしていけば、やはりカメラに関しては万能なスマートフォンと言えると思います。

使われているレンズはおそらく、メイン広角はASUS ZenFone4 Selfie ZD553KL、超広角はASUS ZenFone5 ZE620KLでも使われているレンズだと思います。画素数、F値等のスペックが全く一緒なので。

したがいまして、カメラ性能的にはかなり優秀というのが僕の結論です。

普段遣いとしてもSoCもミドルハイスペックが使われていますし、画面はフルHD+ということで、精細感についても文句はないので、これで税抜き3万円台はかなりお買い得だと思います。

ASUS ZenFone 5Q ZC600KL購入のススメ

執筆時点で取扱が確認されているMVNOは3社となっています。

IIJmioが一番安く購入できますので、検討している方は詳細をチェックしてみてください。

IIJmio(公式サイト)

OCNモバイルONE Y!モバイル NifMo IIJmio DMMモバイル LINEモバイル
取扱なし 取扱なし 取扱なし 月々1,580円 月々2,115円 月々1,720円
詳細 詳細 詳細

 

ほぼ定価となりますが、Amazonなどでも販売しておりますので、好みのMVNOを組み合わせることも可能です。

【参考】当ブログ独自調査結果

2018スマホカメラ最強ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です