ASUS ZenFone Max Plus M1のカメラ【超広角レンズ搭載】

スポーンサーリンク



この記事ではASUS ZenFone Max Plus M1のカメラについて解説します。

このスマホは風景撮影が多い方に最も向いているスマートフォンだと思います。

本体価格30,000円程度の端末としては、かなり高性能なスペックを有しており、ディスプレイもフルHD+となる2160×1080の精細な液晶を搭載しています。

カメラについては広角+超広角のデュアルレンズ構成となっており、超広角撮影できるスマートフォンはこれの他にZenFone4などが存在しますが、価格帯としては1.5倍以上高額となるため、超広角レンズカメラの最廉価スマートフォンはこのASUS ZenFone Max Plus M1ということになります。

超広角レンズは使い方に癖があるものの、さまざまなデフォルメ表現が可能なので、面白い写真を撮影することができ、風景撮影においても遠近感を活かした広大なシーンを一枚の写真に収めることもできます。

ASUS ZenFone Max Plus M1のスペック・性能

※スマホで閲覧する場合、横表示すればスクロール不要です。

機種名最低月額料金
(通話プラン
+端末代)
カメラ総合評価センサー
画素数 
F値画角
(35mm換算)
手ぶれ補正ズーム倍率背景ぼかし動画防水性能画面サイズSoC
(CPU)
保存容量
MicroSD
対応容量
RAM
(メモリ)
発売日
ASUS
ZenFone
MAX Plus
M1
2,691円(楽天モバイル)
2,689円(LINEモバイル)
3,028円(NifMo)

1600万(広角)
800万(超広角)
800万(前面)
F2.0(広角)
F?(超広角)
F2.2(前面)
?mm(広角)
13mm(超広角)
?mm(前面)
電子式?倍(光学)対応1080p
30fps
非対応
5.7型
2160×1080
MediaTek
MT6750T
32GB
MicroSD
256GB対応
4GB
備考
カメラ評点7.87点8点7点10点(仮)6点10点10点7点5点 カメラ評価
対象外
カメラ評価
対象外
カメラ評価
対象外
カメラ評価
対象外

スマートフォンのカメラ評価ランキング

ASUS ZenFone Max Plus M1のカメラ特徴

○良いところ
  1. 超広角レンズ搭載で風景撮影にもってこい
  2. 本体価格3万円程度なので、分割購入時かなり費用が抑えられる
  3. メモリが4GBと上位端末並の容量がある
  4. 背景ぼかし機能がついてる
×惜しいところ
  1. 防水には非対応
  2. 手振れ補正がデジタル式のみ

ツイッターでの評判

ruby
花撮影の精細感はかなりいい感じですね

ruby
一見何の変哲もない用に見えるこの写真。超広角だからこそエンジンルームの隅から隅まで撮れる

ruby
全体としてかなり色乗りが良いカメラですね。

【まとめ】ASUS ZenFone Max Plus M1のカメラ

3万円で買えるスマホとしてはかなり良いですね。

超広角レンズもおまけではなく、きちんと主役として活躍できる画質が確保されていますし、背景もしっかりぼかすことができています。

一眼レフで超広角レンズを買おうとすると、レンズだけで最低でも数万円というお値段になるので、この価格で超広角レンズが使えるASUS ZenFone Max Plus M1はかなりおすすめです。

機種名最低月額料金
(通話プラン
+端末代)
カメラ総合評価センサー
画素数 
F値画角
(35mm換算)
手ぶれ補正ズーム倍率背景ぼかし動画防水性能画面サイズSoC
(CPU)
保存容量
MicroSD
対応容量
RAM
(メモリ)
発売日
ASUS
ZenFone
MAX Plus
M1
2,691円(楽天モバイル)
2,689円(LINEモバイル)
3,028円(NifMo)

1600万(広角)
800万(超広角)
800万(前面)
F2.0(広角)
F?(超広角)
F2.2(前面)
?mm(広角)
13mm(超広角)
?mm(前面)
電子式?倍(光学)対応1080p
30fps
非対応
5.7型
2160×1080
MediaTek
MT6750T
32GB
MicroSD
256GB対応
4GB
備考
カメラ評点7.87点8点7点10点(仮)6点10点10点7点5点 カメラ評価
対象外
カメラ評価
対象外
カメラ評価
対象外
カメラ評価
対象外



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です