ASUS ZenFone5 ZE620KLのカメラ機能・性能を解説【ZenFone4とスペック上は同じ】

スポーンサーリンク



この記事ではASUS ZenFone5 ZE620KLのカメラについて解説と僕の見解をお話しようと思います。

まず結論として、カメラ性能に関しては先代のZenFone4と全く同じであると考えられます。

スペック上も画素数からF値、焦点距離まで同一となっており、手振れ補正だけは公表されている情報からは完全に同一と断言はできませんが、まず間違いなくカメラ部分はZenFone4からの移植でしょう。

つまり、ASUS ZenFone5 ZE620KLはハード部分のみを正統進化させたモデルであると考えます。

ASUS ZenFone5 ZE620KLのスペック・性能

※スマホで閲覧する場合、横表示すればスクロール不要です。

機種名最低月額料金
(通話プラン
+端末代)
カメラ総合評価センサー
画素数 
F値画角
(35mm換算)
手ぶれ補正ズーム倍率背景ぼかし動画防水性能画面サイズSoC
(CPU)
保存容量
MicroSD
対応容量
RAM
(メモリ)
発売日
ASUS
ZenFone5
ZE620KL
3,618円(IIJmio)
3,627円(楽天モバイル)
1200万(広角)
800万(超広角)
800万(前面)
F1.8(広角)
F2.2(超広角)
F2.0(前面)
25mm(広角)
12mm(超広角)
?mm(前面)
光学式(広角)
光学式(超広角)
電子式(前面)
2倍(光学)対応4K30p非対応
6.2型
2246×1080
SnapDragon
636
64GB
MicroSD
256GB対応
6GB
備考SONY
IMX363
1.4μm
カメラ評点8.62点8点8点10点9点10点10点9点5点 カメラ評価
対象外
カメラ評価
対象外
カメラ評価
対象外
カメラ評価
対象外
【参考】当ブログ独自調査結果

2018スマホカメラ最強ランキング

ASUS ZenFone5 ZE620KLのカメラ特徴

○良いところ
  1. 超高広角レンズにも光学式手振れ補正が搭載されているので手振れ補正による画質劣化が少ない
  2. 背景ぼかし機能が付いている
  3. 画面が高精細になり、ピントのズレが確認しやすくなった
×惜しいところ
  1. 防水には非対応
  2. カメラに関してZenFone4からほぼ進化していない

ツイッターでの評判

ruby
広角と超広角の比較ですね。同じ場所を撮影しているはずなのに、写る範囲が桁違いなのがよくわかります。

ruby
色乗りは十分ですね。派手めな色が出る印象を受けるので、インスタにも向いていると思います

ruby
背景ぼかしのテストですね。背景ぼかしは処理に失敗すると悲惨な写真(余計なところがボケたりする)になるのですが、ASUS ZenFone5 ZE620KLはきっちり処理できているのがわかります。

 

【まとめ】ASUS ZenFone5 ZE620KLのカメラ

執筆時点では、カメラ狙いするなら先代のZenFone4の方がオススメだと思います。

F1.8の広角レンズにF2.2の超高広角レンズ。どちらも光学手ブレ補正付。

ハードの面で液晶画面がフルHD+になったことで、時代の流行としてはASUS ZenFone5 ZE620KLの方が今風ですが、カメラはAIが進化した以外のメリットは無いに等しいので、やはり僕としてはZenFone4無印の方を薦めたいですね。

【参考】当ブログ独自調査結果

2018スマホカメラ最強ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です