赤ちゃんの撮影にオススメのデジカメ【2016年版】

7943f2ba0fb7ec131d520306fcd6cbd9_s

赤ちゃんが生まれたら誰もが必ず我が子の可愛い写真を撮ると思いますが、どんなカメラがオススメかわからない人のために、写真歴4年4万枚(ほぼ全部我が子の写真)の経験から、初めての人でも、綺麗に、簡単に赤ちゃんの写真が撮れるカメラを紹介します。

なお、本記事はコンパクトデジカメを前提に書いておりますので、一眼系のカメラをお考えの場合は、以下の記事にて説明します。


スポンサーリンク

赤ちゃんを可愛く撮るために必要な機能・性能

赤ちゃんを可愛く写真にスマートフォンのカメラ機能では全然ダメです。

スマホのカメラは、昼間の屋外などの明るいところではそれなりに綺麗に撮れますが、夜間の屋内などで撮ると、色味が薄くなり、ブレたりボヤケたりした画質の悪い写真になる可能性がかなり高いです。

私自身もこれまでスマホのカメラや、激安のコンパクトデジカメなどで写真を撮ることもありましたが、いまどきのカメラなのでそれなりには写るものの、画質が汚く、完全に赤ちゃん本来の可愛さをスポイルしてしまいます。

赤ちゃんの肌は、(生まれた直後を除いて)繊細でとても綺麗なものです。そのきめ細かいお肌を写しとるには、しっかりとしたカメラ選びが必要となります。

求められるカメラ性能

赤ちゃんを綺麗に写すために必要な条件は、以下の2点です。

① 背景がボケるデジカメ

背景をぼかすために必要なのは、テクニックではありません。背景をぼかせるカメラを選ぶことです。

② 屋内でも画質が悪くならないデジカメ

カメラは光を記録するものなので、暗いところでは画質が悪くなります。よって、ポイントは暗くても画質が荒れないカメラを選ぶことです。

以上の2点を満たせれば、ほとんどのシーンで赤ちゃんを綺麗に写真に収めることが出来ます。

背景をぼかすことができ、暗くても画質が悪くならないデジカメ

先ほどの2点を満たすデジカメは、基本的に高性能なコンパクトデジカメか、一眼系のカメラになります。

歩きまわる前の赤ちゃん撮影には一眼レフは基本的に必要ないので、ここでは、条件を満たす高性能コンパクトデジカメを具体的に説明していきます。

高性能コンパクトデジタルカメラ

ここで言う高性能コンパクトデジタルカメラとは、センサーサイズが大きく、カメラ自体がコンパクトなデジタルカメラのことを指します。

コンパクトデジタルカメラのセンサーサイズは、1/2.33インチの一番小さいサイズから、4/3インチサイズの大型サイズまで有り、例えばCanonのS120などは、数年前までCanonの最も高性能なデジカメでしたが、センサーサイズは1/1.7インチと、現在の基準で言えば、大型センサーを搭載しているとはいえません。

最低でも1インチ以上のセンサーを搭載しているカメラを選びましょう。

センサーサイズが大きいと、背景がぼけ、画質が荒れにくくなります。

高性能コンパクトデジカメは、ここ数年登場し始めたばかりで、まだまだ種類は少ないですが、1インチ以上のセンサーを搭載したデジカメは、主にSONYとPanasonicから発売されています。

高性能コンパクトデジカメの良い点は、画質は一眼系カメラに近いレベルの高さを誇りつつ、カメラ自体のサイズがコンパクトなので、どこでもお手軽に持ち出せるというところです。

赤ちゃんと一緒にお出かけしながらであれば、なるべく手荷物は少なくしたいと思うでしょうから、コンパクトな点は非常に大きな魅力です。

SONY RX100

SONYのRX100は1インチセンサーを搭載した高性能コンパクトデジタルカメラです。

使われているレンズもカール・ツァイスという非常に有名な高性能なものを使っているため、とても写りがよく、ネット上に存在する様々なレビューでもほとんどが絶賛しているという、私自身もとてもオススメしたいカメラです。

Panasonic LX100

PanasonicのLX100も4/3インチという大型センサーを搭載したデジカメで、画質はすばらしいです。

しかもこちらは4K動画に対応しており、4Kフォトにより、動画として保存した中から、一部だけを写真として保存することができます。静止画として撮った写真に画質は劣るものの、いつでも好きなタイミングで写真として保存できるというメリットがあります。

SONY RX100とPanasonic LX100 の選び方

個人的にはRX100をお勧めします。

理由としては、画質は変わらず、価格が半額以下ということです。

どちらも写真の画質としては、かなり高レベルなので、写真のみを目的とする場合、どちらを選んでもいいと思います。

動画性能自体はLX100が上回りますが、4K動画を再生できるテレビがなければ意味がありませんし、正直普通のフルハイビジョンの画質で十分に感じますので、ここまでの高性能を、「今は必要ない」と、私なら思います。

じゃあどっちでもいいのか?と言われてしまいそうですが、もし既にビデオカメラを所持していて、そのメーカーがSONYのものであるというならば、注意が必要です。

動画はどちらもAVCHDという規格の動画なのですが、動画をDVDに焼こうと思った場合、Panasonicの場合、ビデオカメラとデジカメの動画ファイルの一括管理が出来ません。

これによって起こる弊害としては、ビデオカメラと、デジカメで撮ったそれぞれの動画は、別々のDVDに焼かなければならなくなるということです。時系列に動画を整理したい場合に、非常に面倒なことになるので、既にSONYのビデオカメラをお持ちであれば、デジカメもSONYのRX100を選んだほうが、後々データの整理が非常に楽になります。

最後に価格の比較ですが、RX100は、既に2回モデルチェンジをしており、現在最新機種は、RX100M3というものになります。初代モデルと、最新モデルでは、写真性能自体は変わりませんが、ファインダーがついていたり、液晶が可動式であったりと、多少機能的になっています。

一方LX100は初登場です。機能・性能的にはRX100M3とほぼ同等と言って良いと思います。

RX100M3は現在8万円弱、LX100は約10万円しますが、RX100の初代であれば、現在も並行して販売しており、性能的には最新のM3と殆ど変わらないながら、価格が3万円台とこの手のカメラとしてはバーゲン価格になっています。

以上の理由から、私が考える買い方は以下のとおりです。

① SONYのビデオカメラを既に持っている人は、RX100

② ビデオカメラを持っていない人は、RX100

③ 4K動画を撮りたい人は、LX100

④ お金に余裕があり、機能てんこ盛りの最新モデルが欲しいなら、RX100M3

この記事で紹介しているカメラ

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です