ブログに書くネタがすぐに思いつく必殺の方法

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

ブログって始めたはいいものの、最初すごい意気込んでたのに、2〜3記事書くと、あれ?なんか書きたいことなくなったなーって良くありますよね。私もそうです。

そんなとき、私はあるものを使ってネタを一瞬で作り上げます。

今回はその具体的方法について紹介してみようと思います。

ネタは自分の頭で考えるのではなく、そこら辺から拾ってくる

c2b6d1f1b372e6434c2e06aab255964a_s

よく色んなブログ運営指南記事で、

「日常生活を何となく過ごすのではなく、常にアンテナを張っておこう!すると思いがけないネタが発見される!」

とかって書かれていますよね。

これはこれで正しいのですが、完全なるプロブロガーならともかく、普通にサラリーマンやってる人間がそれをやってしまうと、完全に仕事と私生活の区別がなくなり、かなりの苦痛を伴うようになってきます。

ブログ書くことが生きがいだ!っていうのであれば、それはそれで構いませんが、少なくとも、そういう人は少数派でしょう。

しかしながら、普段からアンテナを貼らず、パソコンの前に座ってから今日は何を書こうかな〜なんて考えていたら、それだけでその日が終わってしまいます。

そこで私の必殺のネタ発見法です。

用意するもの

スクリーンショット 2014-11-10 01.02.05

スマートニュース

グノシー

Newspicks

あと、ヤフーニュース。

この3つがあればおそらく十分です。

決してネタをパクるんではありませんよ。

では、具体的なやりかた

ニュースって、自分の興味のあるものしか読みません。

私は特にスマートニュースをよく読みますが、自分の読みたいジャンルやサイトの記事を選んで表示することができるので、基本的には自分の好みのニュースが表示されます。

で、とりあえずニュースを読んでください。その記事に書いてあることって興味があることだから、楽しく読めるのですが、ぶっちゃけ100%の理解って出来てますか?

たとえば、

中国のデジタル機器メーカー「小米(シャオミ)科技」の破壊力がすごみを増している。韓国サムスンや米アップル製品とさほど変わらない性能ながら、価格は最大約5分の1という激安スマートフォンを販売し、倍々ゲームで急成長。ソニーを最終赤字(今期見通し)へと転落させ、スマホ世界首位の韓国・サムスン電子を大幅減益に追い込んだ。

ヤフーニュースより

これを見て私は、ふんふん、サムスン早く陥落しろ!なんて個人的に思うわけですが、それと同時に、そもそも、サムスンって世界シェアどのくらいなんだ?とか、ソニーはいつも赤字だな。どうして赤字なんだろう?とか、「小米(シャオミ)科技」ってなんだ?聞いたことないな。って思うわけです。つまり、内容のすべてを理解できているわけではないということですね。

実際スマホ系の話はジャンルとして好きなので、普段からよく見たり調べたりするわけですが、記事中のすべての内容を押さえれているわけではありません。でも、好きなジャンルの話なので、気になるんですよね。いや、今回はネタを見つけるってお題なので、気にするというべきでしょうか。そして、これ自体が次の記事のネタとなるわけです。

先ほどの3つのネタを仮にタイトル化するとすれば、

「世界シェア1位のサムスンはどれだけ他国を真似しているのか」

「ソニーはいつも赤字ばかり。実は赤字になるにはこんな理由があった!」

「最近勢いのある中国の小米(シャオミ)科技を調べたら、衝撃の事実が!」

こんな感じで、好きなジャンルの記事から新しいネタを拾うことは、興味があるジャンルだからこそ、簡単に出来てしまいます。

内容としても、全然別物なので、元記事のパクリには全くあたりません。

ブログに書くネタがすぐに思いつく必殺の方法 まとめ

ブログって書けばいいってものではないので、心が入ってない記事というのは、読者にもすぐに見抜かれてしまいます。

いくら受けが良さそうなネタでも、自分自身が気にも留めていないのに、それを無理やり記事にしても、上っ面だけの、ペラペラな薄い記事になってしまいます。

であれば、自分の興味あるジャンルのニュースなどを、先ほど紹介したアプリなどでとりあえず読んでみて、その中で、自分自身が本気で思った疑問点や、話題を更に掘り下げた形で新しいネタとして創りだすのが、読者のためにも、自分のためにも、両者にとって有益な記事になるのではないかと、私は思います。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です