Bluetoothスピーカーマニアの僕が今まで使ったスピーカーを採点したらこうなった

スポーンサーリンク



この記事の所要時間: 1026

音楽はほとんど聞かないけど、なぜかBluetoothSpeakerが好きなrubyです。

ガルマックスレビュアーとして色々なBluetoothスピーカーに触り続けたことで、他の人にスピーカーを語れるんじゃないかという謎の自信が湧いてきたので、今回は今まで使ってきたBluetoothスピーカーを極めて個人的な視点により採点してみようと思います。

多分10個くらいあるので、ランキング形式で4位→→→10位→3位→2位→1位のようなひねくれた感じで行きます。

音の良さだけではなくて、操作性や価格も含めた総コストパフォーマンスで点数を決めていきます。防水性能や最大音量などは普段使いではあまり関係ないので、評点に加味しないことにします。

俺々的スピーカーランキング 第4位→第8位

※全部で8個でした

第4位 SoundPEATS P5

高音 低音のパワー 音のクリアさ OP/EDの演出 操作性 価格
6点 8点 6点 2点  7点 4点

基本的にはTronsmartのT6とほぼおなじ音質のスピーカー。

高音域がこちらの方が強く、低音域はわずかに弱い感じ。全体的な音質は非常に良いです。

・・・なんですが、このスピーカーは電源オン・オフ時OPとEDの演出音が非常に大きく、しかも長いということで、大幅に減点してみました。

音量はスピーカー独立調整も可能で、アウトドアモードとインドアモードで低音の強さも切り替えできる点は非常に良いと思いますが、価格が高めなのとOPの演出が微妙です。

曲送りなどができるタッチパネルは近未来的でかっこいいのですが、なんだかんだ物理的なボタンのほうが使いやすいです。平成生まれの人は違う感想かも。(僕は昭和)

第5位 JBL FLiP3

高音 低音のパワー 音のクリアさ OP/EDの演出 操作性 価格
7点 6点 7点 4点  5点 3点

現在はFLiP4という最新型が販売されています。

基本的には非常にバランスが良く、音質的にはかなりいいです。

OP/EDの演出が若干ボリュームが大き過ぎるため、減点してみました。演出自体はかっこいいんですけどね。もう少し音を絞って欲しかった。

サウンドピーツのP5を買うまでは文句なく主力でした。

第6位 DOSS サウンドボックス

高音 低音のパワー 音のクリアさ OP/EDの演出 操作性 価格 合計
7点 3点 7点 6点  5点 7点

イメージ的には、AnkerのSoundCore(初代)の低音を強くした感じ。

とにかく無難な男子生徒的な存在。

音はかなりクリアで、全体としては非常にまとまりもよく、操作部はLEDタッチパネルなので、華やかな感じです。

Bluetoothスピーカーとしては控えめですが、iPhone7Plusのスピーカーと比べると天津飯とチャオズくらいの戦闘力の差はありますので、価格から考えるとかなり良いスピーカーだと思います。

第7位 Anker SoundCore Portable

高音 低音のパワー 音のクリアさ OP/EDの演出 操作性 価格 合計
7点 2点 7点 5点  5点 6点

Bluetoothスピーカーの火付け役?と思うくらい有名。

現在は2型にフルモデルチェンジし、防水機能もついたらしい。

音の特徴としては、とにかくクセがないこと。このスピーカーで音楽を聴くと、曲が脳みそ内に侵入してこないので、作業しながら聴くならこいつはかなり優秀だと思います。

逆に音がいいスピーカーは、曲を聞き入ってしまって、作業が妨害されます。

第8位 TaoTronics TT-SK09

高音 低音のパワー 音のクリアさ OP/EDの演出 操作性 価格 合計
2点 4点 3点 5点  5点 7点

Amazonで1400件を超えるレビュー(平均☆4.5)の大人気スピーカー。

非常にコンパクトで防水タイプなので、モバイル性能は超絶高い。

音質の方は、低音を重視しようとするあまり、音が全体的にこもっているように聞こえます。

もちろんスマホスピーカーと比べると遥かに高音質なのですが、気合が入りすぎて、かえって逆効果になっている頑張ってる君というイメージですかね。

僕は微妙だと思うのですが、アマゾンレビューではそうは見えないので、僕の感性がおかしい(可能性大)か、不良品だったのかもしれません。

俺々的Bluetoothスピーカー 第3位→第1位

第3位 QTOPの名前不明のBluetoothスピーカー

高音 低音のパワー 音のクリアさ OP/EDの演出 操作性 価格
8点 4点 8点 5点  8点 7点

高音域、低音域、クリア感。その全てが最もバランスされているのが多分このスピーカー。

一つ一つの音が最高品質!というわけではないですし、爆発的な重低音を感じることもありません。

低音は控えめなので、ゆったりと心地よさを感じたい人には凄くいいと思います。

 

第2位 Tronsmart T6

高音 低音のパワー 音のクリアさ OP/EDの演出 操作性 価格
5点 9点 5点 4点  8点 6点

低音重視!高音無視!

そんな激しさをお求めのあなたにはTronsmart T6がぴったりかも。低音の響き方はBOSEの3万円近い高級スピーカー、SoundLink Revolveを確実に上回ります。

あまりに重低音に振りすぎて、高音域が蔑ろにされている気がしないでもないですが、全体としてはかなりいい感じにまとまっていると思います。

僕はJBLのFLiP3と比較して、こちらのT6を選んだくらい、いいスピーカーです。(FLIP3は売却)

操作性を8点にしたのは、スマホと独立して音量をコントロールできるから。微小音量で再生した時はこのタイプが一番使いやすい。

第1位 Tronsmart MEGA

高音 低音のパワー 音のクリアさ OP/EDの演出 操作性 価格
8点 8点 8点 7点  5点 5点

これは音に関してはもう文句なく1位のスピーカー。

何がすごいって低音も高音も、どちらも超高レベルで両立してるから。それでいて凄く音がクリア。

5,000円以下のスピーカーは基本的に低音と高音の両立が殆どできないか、どっちも中途半端になる感じなんだけど、これは低価格Bluetoothスピーカーの破ってはいけない壁を突破してしまった、大谷翔平的な存在。

 

 

特別賞 Tronsmart Jazz

高音 低音のパワー 音のクリアさ OP/EDの演出 操作性 価格
8点 4点 8点 5点  5点 12点

急遽、特別賞を設けました。(全部記事書いたあとにもう一つあったの思い出しました)

なんと1,789円。

あまりにも価格がぶっ飛んでるのですが、このスピーカーはなかなかいい音出します。

感覚的には先程ご紹介したQTOPのやつと同じくらい。

低音もそこそこ出つつ、高音もばっちり、それでいてダントツで小さく軽いというおまけ付きです。

この大きさ、重さでよくもこれだけ良い音を作ったなーというのが正直な感想。

難点を上げるとすれば、公称7時間というバッテリー持ちでしょうか。

今まで使ってきたBluetoothスピーカーの評定的記事 まとめ

ほぼTronsmartの回し者的な記事が完成しましたが、5,000円以下である程度の低音性能ををBluetoothスピーカーに求めるのであれば、僕の知る限りはTronsmart製が一番しっかりと重低音を出してくれます。

この記事を読んでBluetoothスピーカーが気になった人はとりあえず、TronsmartJazzを買ってみましょう。2,000円でお釣りがきますよ。

本記事の撮影機材





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です