Bluetoothスピーカーの選び方と僕的おすすめ製品【2017年版】

どうもこんにちは。rubyです。

スマートフォンのスピーカーで音楽を再生するのも悪くありませんが、せっかくならもう少しいい音で音楽を聴きたいと思うのは僕だけではないはず。

というわけで、今回はBluetoothスピーカーマニアのrubyがこれまでの経験を元におすすめ製品を紹介しますので、購入の参考にしていただければ幸いです。

音質別!Bluetoothスピーカーを選ぶ際のポイント

重低音を重視したい人

床に響くような重たい低音を求める場合は、基本的に5000円以上の価格帯のスピーカーを選ぶことになります。

僕は今まで2,000円台の物から10000円台のスピーカーを購入してきましたが、やはり価格帯が低い物は重低音が弱いものが大半です。

Amazonなどで2000円~3000円台で販売されているスピーカーでも重低音を重視したと謳っている製品もありますが、やはり「それなり」にしか低音が出ない製品がほとんどです。

ただし、中には4000円程度の価格でもしっかりとした低音が出る製品もありますので、すべてのスピーカーがこの法則に当てはまるものではないということはご承知置き願いたいと思います。

僕的おすすめの重低音のスピーカーはこのTronsmartのT6です。

約4,000円と低価格帯に分類されるBluetoothスピーカーですが、重低音の迫力は完全に1万円クラスを超えています。

テレビに有線接続し、映画などを鑑賞すればちょっとした映画館気分を味わえますよ。

高音を重視したい人

綺麗な高音を重視したい人は重低音が弱いスピーカーを選ぶと良いと思います。

重低音を重視するスピーカーは、臨場感に優れておりますが、その一方で低音で高音域がかき消される傾向があります。

低価格帯のスピーカーは一般的に重低音が弱いため、相対的に高音が綺麗に聞こえます

Qtopのこちらのスピーカーは4,000円以下と価格が安めですが、素晴らしくクリアな音を出してくれます。低音域は弱めですが、高音域まで癖のないフラットな音を求めるのであればかなりおすすめです。

重低音も高音もどちらも重視したい人

低音も高音もどちらも重視したい場合、4000円以下の低価格帯のスピーカーではそれを実現する製品は僕の知る限りありません。低価格帯は基本的に高音専門、もしくは低音専門のいずれか一方の音しか出せません。

20,000円以上と非常に高価なBOSEスピーカーですら、重低音を重視するあまり、高音域は弱いと言われていますので、重低音と高音を両立することがいかに難しいかがわかりますよね。

僕が知る限り、重低音も高音も両立できていると感じるスピーカーはJBLのFlipシリーズくらいだと思います。

Bluetoothスピーカーの選び方 まとめ

いかがだったでしょうか。

今までスマートフォンのスピーカーでのみ音楽を聴いてきた方は、是非とも一度はBluetoothスピーカーで高音質なサウンドを楽しんで欲しいと思います。

スマホのスピーカーも高性能化しているのは間違いありませんし、決して音が悪いわけでもありません。

ですが、きちんとした専用のスピーカーで聴く音楽は、同じ曲でも全く違う、上質なサウンドに聞こえてくるはずです。

今回僕が紹介したスピーカーは、あくまで僕が実際に使ったことのある製品であり、他にもたくさんのスピーカーを使ってきた経験から、これはおすすめだろう!というものを厳選して紹介していますので、安心してチョイスしていただいて問題ないと思います。

いい音で聴く音楽は、心まで癒やしてくれる・・・僕はそう思っています。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です