ファイナンシャルプランナーの倫理【FP3級】

ファイナンシャルプランナーの倫理関係に関する試験問題は、基本的に非常に簡単で常識的に考えれば、解ける問題ばかりです。

ただし、まれに知識として知っていなければ解けない問題も出題されるので、今回は僕が過去問題をベースに学んだFPの倫理関係について記載していきます。

ファイナンシャルプランナーと法律(関連法規)

ファイナンシャルプランナーは様々な法律に関するアドバイスを顧客に対して行いますが、例えば税金関係のアドバイスをしても、税金関連の手続きそのものを行ってはいけません。

税金はあくまで税理士出なければ具体的な相談や手続き関連を行うことはできないということですね。

よく出てくる関連法規としては、以下の法律があります。

金融商品取引法・・・内閣総理大臣の登録が必要。

弁護士法・・・具体的な各種法律に関する事務や判断を行ってはいけない。

保険業法・・・保険募集人の資格を所持していない場合は、保険商品の募集や勧誘をしてはいけない

税理士法・・・税金に関する手続きや、具体的な判断・相談を行ってはいけない

こんな感じです。ただし、抽象的な概念など、具体性のない内容であればお話しすることは可能です。

よく試験に出るのが、無料なら良いか?という出題形式です。

もちろん、無料でもだめです。

注意点

過去問題にファイナンシャルプランナーが後見人になれるか?という問題が出題されたことがあります。

後見人になるための資格などは特に必要がないため、FPの人間が後見人になることも可能です。

ファイナンシャルプランナーの倫理 まとめ

重要なのはファイナンシャルプランナーはそれぞれの法律事務を行える者ではなく、あくまで抽象的なアドバイスまでしか行えないということです。

といいつつも、ファイナンシャルプランを立てる上で、各種法律に関する知識は必要不可欠であるため、覚えておかなければならないのも事実です。

また、顧客の情報を丸裸にしてプランニングしなければ意味のない性質上、信頼・信用を得ることが非常に重要となってきます。個人情報等を得なければならないため、秘密の保持なども十分注意が必要です。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です