生命保険・損害保険(傷害保険含む)に関する知識【FP3級】

生命保険

保険料の構成

純保険料と付加保険料で構成される。

純保険料・・・将来保険金を支払うための財源予定死亡率予定利率を基礎に算出

付加保険料・・・事業運営上必要となる経費に当てられる。予定事業費率を元に算出

生命保険の種類

定期保険・・・被保険者が保険期間中に死亡や高度障害になると保険金がでる。

養老保険(生死混合保険)・・・保険期間中に死亡や高度障害となった場合に死亡保険金が支払われ、満期まで生存していた場合満期金が支払われる

終身保険・・・死亡保険の一種。保障は生きている限り一生涯続く。死亡または高度障害状態担ったときに死亡保険金や高度障害保険金が支払われる

保険料の支払いが困難になった場合

払済保険

既契約の保険料払い込みを中止し、解約返戻金を元に同種の保険、もしくは養老保険等に切り替えること。

保険金額が減額となる

保険期間は変わらない【重要】

延長保険

既契約の保険料払い込みを中止し、解約返戻金を元に解約前と同じ種類もしくは養老保険に切り替える

保険金額は変わらない

保険期間が短くなる

自動振替貸付制度

保険料払い込みを忘れてしまったときなどに、解約返戻金を元に、保険料を貸し付けし、保険契約を継続すること

生命保険契約者保護機構による補償

生命保険会社が破綻した場合、責任準備金の90%まで補償される

収入補償保険

通常の死亡保険とは異なり、死亡保険金を分割払いで受け取れる保険

通常年金方式での受け取りとなるが、一時金としてまとめて受け取ることも可能

なお、分割で受け取る方が総受取額は大きくなる

損害保険

自賠責損害賠償責任保険

いわゆる自動車の自賠責保険

被害者1名につき死亡の場合は3,000

後遺症障害の場合は75万円~4,000万円

傷害(死亡していない)は120万円

個人賠償責任保険

個人が居住する住宅の日常生活で偶然生じた事故を対象とする保険。

他人から借りたもの、家族に対するもの、業務中の事故などは対象外

失火責任法

軽過失によって隣家を全焼させても、賠償責任は免除される

自動車保険

自動車の利用によって発生した損害を補償する損害保険

一般条件と車対車の大きく2種類あり、

一般条件・・・自損事故も補償

車対車・・・相手の車に当たった場合のみ補償

となる

火災保険

落雷・ひょう災・雪災などの自然災害についても補償対象

地震保険

火災保険の特約としてのみ付与できる

火災保険金額の30~50%の金額

居住用建物・・・5,000万円が上限

家財(生活用動産)・・・1,000万円が上限

傷害保険

普通傷害保険と家族傷害保険の2種類があります。

保険料は職種によって2つのパターンがあり、事務職など比較的危険が少ない職種の場合と、現場系の危険の多い職種の場合で掛け金が異なり、当然後者の方が保険料が高くなります。

普通傷害保険

国内外を問わず日常生活における障害を補償

急激かつ偶然外的要因の事故が対象となる。

病気系(日射病や、食中毒、心臓発作など)は対象外

細菌性中毒・ウイルス性食中毒・日射病・地震・津波・噴火による怪我は保障対象外(ただし特約によっては保障対象になる)

適用場所は、家庭内職場通勤中など

家族傷害保険

普通傷害保険と基本的には同じですが、被保険者が契約することで、本人はもちろん、配偶者や別居の未婚の子供まで保証対象となります。

なお、保険料については、家族の中で異なる職種の者がいたとしても、被保険者の職種が保険料の基準となります。

クーリングオフ

保険契約者は申込日または、クーリングオフの記載のある書面を受け取った日いずれか遅い日から起算して8日以内であれば契約申し込みを撤回することができる。

ソルベンシーマージン比率

保険会社の保険金等支払い余力がどの程度あるかを図る指標

200%が基準となり、これを下回る場合は監督当局による早期是正の対象となる

保険募集人の禁止事項

利益提供の禁止

保険料の割引や割り戻しなどの利益を契約者や被保険者に対して提供することは禁止

不利益告知を通知しない

生命保険の掛け替え、乗り換えなど、不利益となる事項を告げないことは禁止

保険料の立て替え

保険契約者が支払うべき保険料を保険募集人が立て替えることは禁止

虚偽の告知を勧める

契約を取りたいがために顧客に対して病気などを告知させないことは禁止

リビングニーズ特約

被保険者の余命が6ヶ月以内と医師に診断された場合、死亡保険金の一部もしくは全部を生前に請求できる。

なお、この特約は保険料不要で付加できる。

災害割増特約

災害割引特約とは、災害や事故で180日以内に死亡した場合や高度障害になったときに、保険金が支払われる。ただし、病気による死亡の場合は対象外。

学資(子供)保険

出生する前でも加入できる

海外旅行保険

保険契約者保護機構

少額短期保険業者は対象外

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です