富士フィルムのカメラの画質が他メーカーよりも優れていると思う点

camera-566421_640

富士フィルム製のデジタルカメラは写真の質が他メーカーの同等品と基本的に一線を画していると個人的は思っています。これはミラーレスもコンデジも同じです。

私は基本的にマニュアルフォーカスを使わない人間なので、オートフォーカスが弱いカメラは基本好きではないのですが、富士フィルムに限っては、これに当てはまらないと考えています。なぜなら他社の同レベル商品よりもかなり画質が優れていると感じているからです。

今回は私が思う富士フィルム製デジタルカメラの他メーカよりも優れている点をお話していきたいと思います。


スポンサーリンク

フルサイズカメラの色乗りに近い色を画像の加工なしで実現できる

富士フィルムのカメラにフルサイズ規格のカメラはありませんが、色のノリ方はフルサイズに極めて近いレベルです。

他社のデジカメの場合、フルサイズカメラは素晴らしい色を出すことが出来ますが、APS-C以下のカメラの場合、基本的に写真の色が薄いです。もちろんRAWで撮影し、後からの調整でフルサイズのような質感の写真に仕上げることは可能ですが、調整なしにフルサイズの様な色乗りを実現しているのは、現状富士フィルム、時点でオリンパスくらいしか無いのでは?と思っています。

オリンパスは以前OM-D E-M5という当時のオリンパスのフラッグシップ機を使用していましたが、APS-Cよりも更に小さいセンサーフォーマットであるにもかかわらず、色のノリはそこら辺のAPS-C機よりも良く、かなりのお気に入りでした。

手放した原因は動き物に対するAF(オートフォーカス)があまりにも低性能だったからということなので、現行のフラッグシップ機、E-M1であればかなりの満足感を得られるのではないかと思っています。価格がかなり高いのと、結局富士フィルム機には画質として及ばないということで、今のところ購入予定はありませんけどね。

・・・と、話がそれましたが、色乗りの良さというのは、センサーサイズにほぼ比例するのが普通なので、富士フィルム機はセンサーが小さくコンパクトなカメラにも関わらず、大きく思いフルサイズ並みの画質を出せるという点で他社カメラよりも優れていると私は思います。

デジタルフィルターの質感がCanonやNikonなど他メーカーよりもかなり高い

デジタルフィルターとは、カメラメーカーによって呼称が違いますが、Canonであればピクチャーコントロール、PENTAXであればカスタムイメージがそれにあたります。

一般的なデジタルフィルターとしては、スタンダード、ビビッド、ソフト、モノクロ、セピアなどがあり、写真の雰囲気を変えてくれる素晴らしい機能なのですが、富士フィルム製以外のカメラの場合、この機能によって得られる絵の質感が低いです。

例えばビビッドであれば、他社製の場合、ただただ色が派手目にでるだけで、品がありません。

一方で富士フィルム機の場合、ビビッドはビビッドでも、往年のVelviaフィルムで撮ったかのような素晴らしい質感の写真が撮れます。要は単なるビビッドなのですが、色の奥行が他社製カメラのそれと比べて非常に深いです。

人物撮り、いわゆるポートレートなどにおいても、肌の質感描写が極めて高性能で、富士の肌色に惹かれてキャノン機から乗り換える人もネット上でちょくちょく見かけます。ソフトフィルター(ASTIA)で撮った子供の写真は精細な肌の描写と神秘的な質感が融合し、とても良い雰囲気で撮れます。

まとめ

画質に関してはもはやべた褒めとも言えるくらい、私は超気に入っています。

カメラとしての総合性能に関しては、オートフォーカスが優秀なCanonやNikonに軍配が上がると思います。なんだかんだいってもピント合わせが出来ないカメラは失敗写真が量産されてしまいますからね。

ただ、静止物を撮る機会が多い方であれば、フルサイズ並みの画質をAPS-Cというコンパクトなフォーマットのカメラで再現できる富士フィルムはとても気にいるのではないかと重います。

とにかく画質にこだわりたい!というのであれば、富士フィルムのカメラは文句なく一番オススメだと、私はおすすめします。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です