数字で解説!フルサイズとAPS-Cセンサーの画質の違い【初心者向け】

スクリーンショット 2015-02-07 00.41.33

※画像はSONY様のHPより拝借

これから一眼を買おうと思う人が悩む項目の一つに、センサーサイズがあると思います。センサーサイズというのは、銀塩(フィルム)カメラでいうところの、フィルムに相当するもので、このセンサーにレンズを通して入ってくる光を記録することで、写真が完成します。まさにカメラの心臓部といえる大事なパーツですね。

そんなセンサーですが、一眼系カメラのセンサーの大きさには、大きく分けて4つのサイズがあり、大きい物からフルサイズ・APS-C・マイクロフォーサーズ・1インチと呼ばれています。

今回はその中でも上位2つである、フルサイズとAPS-Cのセンサーの画質の違いを、初心者でもわかりやすいよう具体的な数字によって示していきたいと思います。

高感度が2.3倍高いISO感度まで綺麗に撮れる

デジカメを使う際に使われる高感度というものは、簡単に言うと「写真を撮る際に、周りが暗かったら明るく写らないので、明るく写すために、センサーの感度を良くして、暗いところでも明るく撮れるように出来る性能」であり、フルサイズの方が、APS-Cよりも2.3倍高い値で撮っても同じレベルで綺麗に撮影できることが出来ます。この2.3倍という数字は、DxOというカメラセンサーを細かく調査する会社によるテストでも、おおよそこのくらいの数値が出ています。

これは、センサーの大きさ、つまり面積に比例するもので、フルサイズセンサーの方がAPS-Cセンサーよりも2.3倍面積が広いため、これが高感度性能に直結しているということになります。

つまり、同じ感度でもフルサイズの方がAPS-Cがよりも綺麗に写せるということになります。ちなみにISO感度は、通常カメラ側で自動的に制御してくれます。

感度は高すぎても低すぎてもちょうどよい明るさに写らないので、そこはカメラ側で自動的に制御されます。専門用語で言えば、これを「適正露出」といいます。繰り返しになりますが、カメラというのものは、一般的には自動的にちょうどいい明るさに調整してくれるようにできています。

少々話がそれましたが、高感度性能を気にせず撮れるシーンは日中屋外の、しかも晴天時くらいであり、それ以外の撮影環境では、高感度性能に頼らざるを得ない状況となるため、日中の屋外での撮影ばかりする人を除けば、高感度性能は避けて通れない道です。

もっと具体的に言うと、夜間の屋内で子供の写真をブレなく撮ろうと思ったら、ISO感度は3200〜6400くらいまでは必要になりますが、APS-Cの場合は、フラッシュ無しでは、かなり画質が悪く、ノイズだらけになってしまいます。

色の深みが1.5倍(体感)出るので味わい深い写真が撮れる

1.5倍というのは私の体感上の数字なのですが、フルサイズセンサーの方が写真の画質に深みが出ます。

この深みというのは、カメラ用語でいうならば、階調性や、ダイナミックレンジなどと呼ばれたりもします。色というのは、非常に細かく変化しているものであり、例えば、空を撮影した場合、撮った写真をよく見るとわずかにグラデーションが掛かっていることがわかりますが、この些細な変化を階調性と読んでいます。

青空を撮った場合、ざっくり言うと空はすべて「青」という色なのですが、太陽等の光の加減によって、空全てが完全に同一色ではありません。この微妙な変化をより敏感に感じ取り、出力しやすいのがフルサイズセンサーです。

あくまで1.5倍というのは私の体感上の数字ですが、シーンによっては、明らかにAPS-Cセンサーと差がでます。これは風景、人物問わず違いとして現れます。

フルサイズとAPS-Cの画質の違い まとめ

一眼の世界では最近ようやくフルサイズセンサーのカメラも10万円そこそこで買えるようになってきました。つい4、5年前まではフルサイズセンサーのカメラは、安いものでも30万円はしましたから、現在はかなり手が出しやすくなってきています。

センサーだけを見ると、フルサイズセンサーが圧倒的に良いという結論になってしまいますが、一眼の場合は、カメラ本体に加え、レンズも無ければ撮影はできません。そして、フルサイズ用の機材は、いずれもAPS-C用のものよりも2倍近く高価です。さらに、機材自体の重量も1.5倍近く重たくなってしまいます。センサーが大きい分、それに対応する機材も大きく重く、そして高価になるということです。

APS-Cはフルサイズの一眼よりも画質は劣りますが、大きさ、重さ、価格がすべて手頃であり、それでいて通常のコンパクトカメラよりは、何十倍も良い写真が撮れます。

どうしても最高画質がいい!というのであれば、フルサイズ、もしくは中判とよばれる更にセンサーの大きなカメラを選択するのがいいと思いますが、トータルバランスとしては、APS-Cの方がフルサイズよりも優れていると私は思います。

要は、自分の用途が何なのか?これに付きます。

以上となりますが、この記事が良いカメラ機材を見つける手助けになれば幸いです。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です