【コストを6分の1に】ICOSのメンテンナンスに純正クリーニングスティックは高すぎる!ってことで代替案

スポーンサーリンク



この記事の所要時間: 446

ICOSのメンテナンスコスト、高いですよね。

純正のクリーニングスティックは、30本入りで760円(執筆時Amazon価格)と1〜2ヶ月に一つは買わなければならないのはなんともしがたいところ。

仮に1ヶ月1パック(1日1箱吸う人の場合)を使うとして、年間で9,120円。ICOS本体(10,980円)も耐用年数は1年とされているので、2つ合わせると年間2万円を超えます。

こりゃえらいっちゃです。クリーニング代でICOS本体がもう一つ買えるし、カートリッジなら20箱近く買えます。

というわけで、今回はICOSのメンテナンスを格安で行う方法を紹介してみようと思います。

あくまでメーカー推奨方法とは異なる方法なので、本記事を参考にクリーニングを行い、故障しても自己責任でお願いしますね。
スポンサーリンク

僕の喫煙状況(ライトとヘビーの中間くらい)とメンテンナンスコスト

1日に何箱も吸うようなヘビースモーカーってほどでは無いですが、僕は喫煙者です。

本当はやめたいと思っていますが、ニコチンの中毒性は非常に強く、半端な覚悟ではタバコをやめることなんて出来ません。

ニコチン摂取をストップさせると、僕の場合は禁断症状として思考力が極端に落ちます。僕が普段やっている仕事は単純作業よりも企画や営業をメインとしているため、集中力・思考力が落ちるのは致命的なんですね。

経験上、常に集中力を維持するためには、1時間〜1時間半に1本のICOSを使い必要があります。

睡眠中や朝方の時間が無い時は使わないので、

24時間-7時間(睡眠及び朝)=17時間

17時間÷1.5時間=11.33333・・・・・本を一日で使います。

つまり2日に1箱使い切るのが僕の喫煙ペースとなります。

よって、年間メンテナンスキットは先程計算した額の半分(4,560円)となります。

うん、高いよね。

ICOSのメンテナンススティックの代替法「無水アルコールとベビー綿棒」でコストを6分の1に。

ネット上ではすでに有名な方法ですが、無水エタノールとベビー綿棒でも純正スティック並の十分なクリーニングを行うことが出来ます。

これらは全部買い揃えても1,500円以下と、1本あたりのコストは大幅に抑えることが出来ます。

純正クリーニングスティックは1回分が

スティック30本760円÷30回=25円

に対し、この代替方法だと、

無水エタノール+綿棒+スプレー容器 計1,500円÷200回=7.5円

となります。

そしてベビー綿棒を全部使い切っても無水エタノールはかなりの量が残ると思いますので、さらにベビー綿棒(100円)だけ追加していけば更にコスパに差が出てくるはずです。

(1500+100)÷400=4円

ICOS純正Cleaningスティックと6倍強のコスト差になってきますので、先程の年間コストに置き換えると、

9,120円÷6=1,520円!

と、ほとんどメンテナンス代がかかりません。

一日の本数が多ければ多いほど、メンテナンス代に差が出てきますよー。

ICOSの代替クリーニングに必要なアイテム

無水エタノール

ツルハなどの実店舗系ドラッグストアでは1500円くらいしますが、Amazonなら1,280円で購入できます。

火気厳禁とのことなので、火のそばに置かないようにしましょう。

 

ベビー綿棒

100円ショップであれば108円で購入できます。僕はDAISOで買いました。

Amazonでも買えますが、最安値で200本174円(執筆時)なので、100円ショップが車で行かなければ買えないような場所にあるのであればネットのほうがコスパは良いでしょう。

ちなみに普通の綿棒だと、太すぎて狭いところを掃除できないので注意。

無水エタノール用スプレー容器

これは別になくても問題ないのですが、無水エタノールが500mlサイズと結構デカイので、取り回しがよくありません。

なので僕はこういった容器に無水エタノールを移し、気軽に使えるようにしています。

こんなボトルを何個か買っておけば、わざわざ持ち運ばなくても、家や職場に常備しておくことが出来ますよ。

【まとめ】ICOSのメンテンナンスに純正クリーニングスティックは高すぎる!ってことで代替案

加熱式タバコはとても便利ですが、メンテンナンスコストも考えると、従来の葉巻たばこよりもコストが大幅に高いのが難点です。

とは言え、周りの人への配慮、自動車内でも火種が落ちてパニック!なんてことも起こらなくなるので、僕としてはこれからも使っていきたいと思っています。

加熱式はコストが高いから葉巻に戻る・・・なんてことにならないよう、いろんな工夫をしながらICOSライフを楽しんでいきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です