自賠責は払い損?!自賠責保険っていつ使うのか知っていますか?

b48861a61ed35b0a40ff77637be38d9d_s

車で事故を起こした場合、任意保険と呼ばれる自動車保険を使って、車を直したり、けが人がいる場合は、相手への保障をしますよね。

実際に事故を起こしたことのある人は経験があると思いますが、事故を起こすと、すぐに加入している任意保険会社に連絡します。

でも、自賠責保険会社に電話したことある人っていませんよね?

車検の時に強制的に加入させられる自賠責保険って、ぶっちゃけ、何なん?いつ、誰が使う保険なん?っていうのが、今回のお題です。


スポンサーリンク

自賠責保険に入ってるのに任意保険に入る必要ってあるの?

たぶん、自賠責保険について、真面目に調べたことのある人ってほとんどいないんじゃないでしょうか?

結論から言うと、任意保険にはいらないと大変なことになります。自賠責に加入していても・・・です。

自賠責は、対人しか保証しておらず、しかも補償額が低い

自賠責保険は、物損事故に対して、補償しません。あくまで、対人のみの補償となります。

しかも、その補償額も、最大で3000万円(特定の条件下で4000万円)と、メチャクチャ低いんです。万一大事故を起こしたら、場合によっては億単位の補償が必要になりますので、万一任意保険に加入していない場合、人生が終わってしまいます。そして、被害者も泣き寝入りになってしまいます。

さらに、自賠責保険はあくまで人に対してのみ支払われるので、相手が高級車だとか、運搬車等の場合は、自賠責だけだと、そもそも補償すらされません。そして、例え相手が物であっても、先ほど例に上げたような高価な物を補償する事になれば、額も非常に大きくなり、先ほどと同じく億単位で支払わなければならない可能性がありますので、自賠責だけで車を運転するのは、実際リスクが大きすぎます。

実は自賠責保険を使うのは、任意保険会社だった

そう。任意保険会社が使います。

任意保険に加入するときに、申込書と車検証、そして自賠責保険証(の写し)を提出します。

なぜ任意保険の会社に自賠責保険証を提出するのかというと、任意保険会社は、事故処理の際、自賠責保険での補償不足分を、自身の保険会社から支出するからです。

イメージとしてはこんな感じです。

自賠責保険説明

物損事故では自賠責は使われません。先程も説明したとおり、自賠責は対人のみの保険だからです。

自賠責保険は誰が使うのか? まとめ

自賠責保険って、考えようによっては、任意保険会社のためにあるように見えますよね。

だって、自賠責保険の不足分だけを支払うわけですから。保険料は私達が払って、でも、その保険を実際使って費用負担を軽減しているのは、任意保険会社で・・・みたいな。

でも、自賠責の本質は別のところにあります。

自賠責保険の使われ方 一例

加害者が不誠実であったり、金額面で折り合いがつかずに示談が成立しない場合などには、保険金の請求ができません。しかし、このような被害者を保護するために、被害者が損害賠償額(この場合は、保険金とは呼ばずに損害賠償額と呼びます。)を直接、保険会社に支払うよう請求できます。

日本損害保険協会HPより抜粋

つまり、自賠責の本質は、加入者の保護ではなく、被害者の保護です。

自賠責って、実際事故にあっても触れる機会ってあまりありません。

ですが、運転する人間にとっても、そして被害に遭われた人にとっても、とても大事な制度だということは覚えておくと、いつかきっと役に立ちます。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です