人事評価が上がらない人に共通する習慣と対応策

スポーンサーリンク



あなたは自分の人事評価に満足していますか?

社会人として仕事をしていると、人事評価という目に見えにくい指標に振り回されることがあります。

僕はそういった人事などに関係する仕事をしていますが、まれに

評価低い人
「おれは仕事ができる人間なのになぜ評価が低いんだ!」
評価低いことに気づいていない人
「上の方の人間が私の評価を意図的に下げてのではないか?!」

と相談を受けることがあります。

こういった相談をしてくる人は、たいてい人事評価が低いです。経験上間違いありません。

この記事ではそういった人事評価の低い方を一気に高評価される人材へ変身させる術をお話します。

僕自身が仕事上で身をもって体験した話ですので、会社や上司からの評価を上げたい方は必ず最後までお読みください。

人事評価が下がる振る舞いと対策

感情的になり、同僚や部下に大きな声で怒鳴る

会社員A
何やってんだよ!そうじゃないって!何回言えばわかr・・・

どんなに仕事ができない先輩や部下と一緒のチームでも、大きな声で怒鳴っては絶対にいけません。

何故か。

周りの人間が取り返しのつかないような大きなミスを犯したと仮定しましょう。

そしてあなたは彼らを怒鳴り、ミスを周囲の人間に知らしめました。意図してなくても怒鳴れば誰もが耳を傾けます。

ミスをした人間はもちろん会社からの評価が下がるでしょう。

しかしそれ以上に評価を下げるのは、実は怒鳴ったあなたなんですよ。

怒鳴るという行動は、言うまでもなく非常に生産性の低い行為です。

上司からは「感情的になりやすい人間」として、使い所が難しい人材と判断される可能性が高いでしょう。

相手のミスを100%許せというわけではありません。

しかしあなたも会社の一部であり、仕事の目的は会社としての利益を上げることのはずです。

もし怒鳴り散らすことで会社に利益が上がるのであれば、それはもうどんどん怒鳴ってくれて構いません。

しかし怒鳴ったところで同僚のミスがなくなるわけはなく、むしろチームワークがズタズタとなり、さらなるミスを誘発しかねません。

つまり大切なのは、怒鳴り散らすことではなく、ミスを迅速にカバーし、会社への損害を最小限に食い止めることです。

したがって、あなたが取るべき行動はこうです。

高い評価を受けやすい人
とりあえずやってしまったもんは、しゃーない。

ほれ、さっさとなんとかするぞ、この案件。

です。

人事評価が上がらない人に共通する習慣と対応策 まとめ

兎にも角にも、会社の利益を優先することが最優先です。

評価が高い人間は、常に会社にとって最善の選択肢を模索しています。

その選択肢の中に怒鳴ったり、無視したり、隠したりするような行為は絶対にありえません。

こういった積み重ねが高い人事評価を生み出します。

あなたはこういった行為をしていないでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です