デジタル一眼・ミラーレスカメラのJpeg撮って出しの画質が最も良いメーカー【考察】

スポーンサーリンク



photography-149174_640

今回はJpeg撮って出しの画質に関するテーマで記事を書こうと思います。

僕は基本的にめんどくさがり屋です。カメラの性能を最大限引き出すためには、本当はRAW現像が必要なのですが、手間がかかるので、Jpeg撮って出ししか基本的に使いません。

ちなみにJpeg撮って出しの意味がわからない人もいるかもしれないので、念のため説明しますと、Jpeg撮って出しとは、デジカメで初期設定のまま撮った場合、メモリーカードに書き込まれる画像ファイルこそが「Jpeg撮って出し」のファイルとなります。

補足すると、デジカメで撮った画像ファイルというのは大きく2種類あり、Jpeg(ジェイベグ)とRAW(ロウ)というものに分かれます。そのうちデフォルトで出力されるのがJpegファイルというわけです。

そのJpeg撮って出しですが、実はメーカー間でかなり味付けが異なり、Jpeg撮って出ししか使わないの人であれば、メーカー選びは慎重になるべきだと思います。

今回は、そんなメーカー間のJpegファイルの画質傾向について、これまでの僕の経験を元に画質の違いをお話していこうと思います。

RAWファイルとJpegファイル

一眼レフを検討すると必ずどこかで出てくるフレーズに、「RAW」というものがあります。

このRAWファイルについては、冒頭でも少し説明しましたが、要するにRAWとはカメラのセンサーに取り込んだ画像情報をJpeg化する前の生のデータであり、このRAWのままではスマホやパソコンで見ることは出来ないため、画像保存形式を「Jpeg」に変換し、見れるようにします。

ちなみにこのRAWは、デジカメであればどのようなデジカメでも必ずRAWが存在します。ただし、通常はメモリーカードに書き込まれる際に、Jpegファイルに変換されるため、RAWという言葉自体が一般的には馴染みのないものだと思います。

そしてRAWファイルのままメモリーカードに保存できるカメラも一眼レフなど一部のカメラに限られています。

メーカー別Jpeg撮って出しの画質の違い

RAWはセンサーから出力されるデータそのものなので、そこにメーカーの画像に対する味付けというものはありませんが、Jpegファイルに変換する際は、メーカーごとの味付けが存在し、色やノイズの出方などはこのJpeg変換時に保存する画像ファイルに反映されます。

では、メーカーごとの違いを書いていこうと思います。

Canonは色味に強弱をつける味付け(EOS KissX9 EOS M 80Dなど)

CanonのJpeg撮って出しは、色味がナチュラルというよりも、ちょっと印象を強めに与えるような色の出方になります。

僕はCanonの味付けは結構好きな方で、肌の色の出方も温かみのある暖色系の色が出ます。

ノイズの出方は普通です。

NikonとPanasonicは青みが強くナチュラルな味付け(D7500、D5600、Nikon 1シリーズ、LUMIX GF9、GH5、GX8など)

NikonとPanasonicのJpeg撮って出しは、とても傾向が似ていて、寒色系の色が出やすいです。

ノイズの出方も共に強めで、僕はNikonとPanasonicのJpegはあまり好みではありません。(デフォルト設定の場合)

なお、動画の画質に関しては、パナソニックのGH5sがマイクロフォーサーズカメラとしては頭2つくらい高画質で撮影できます。

Olympusは色味の強弱があり、ノイズの出方も優秀(E-PL8、PEN-F、OM-Dシリーズ E-M1など)

色の出方はCanonと同傾向で、暖色系です。

静止画の画質としては、マイクロフォーサーズとしては高感度ノイズがとても良く抑えられています。

Olympusはセンサーサイズが小さく、高感度ノイズに対して本来は不利なのですが、APS-Cサイズと張り合えるくらいノイズの処理は上手いです。

僕はとても好みの画質です。

PENTAXは記憶色が強く、ノイズの出方は普通(K-70、K-1、K-S2、KPなど)

ペンタックスは記憶色、つまり本当の色よりも派手目に写ります

写真としては非常に見栄えは良かったりもしますが、少々盛ってる感じがあり、風景撮影には向いてますが、人物撮影の場合は「ちょっとやり過ぎじゃない?感」がでます。

ノイズの出方は至って普通です。私は割と好きなメーカーですが、ここは好みがわかれるところだと思います。

富士フィルムは階調性がとても豊かで、ノイズも非常に少なく、画質はもっとも良い(X-T20、X-E3、X-H1など)

Jpeg撮って出しは、文句なく富士フィルムが最高です。色の出方、ノイズ共に文句ない高画質です。

色の出方の傾向としては、CanonとPENTAXを足して2で割ったような非常にバランスの良い色味です。

ノイズはフルサイズの高感度番長には劣ると思いますが、ノイズの粒子が非常に小さく、通常インターネットにアップしたり、プリントするくらいのサイズであればノイズはほぼ目立ちません。(ISO6400までは)

そして他のメーカーと比べて最も優秀なのが、高感度時でも色がかすれないということです。

通常フルサイズカメラですら、高感度を使わなければならない夜間の室内などは、色が薄くしか出ず、画質としては悪いと言わざるを得ないのですが、富士フィルムに関しては、ISO6400のような高感度でも発色が非常に綺麗でます。

正直、驚異的と言って良いレベルです。

同じセンサーサイズのAPS-Cカメラはもちろん、フルサイズ一眼ですら富士フィルムほどきれいな色は出ません。まさにJpeg撮って出しキングと言えます。

まとめ

以上が僕が実際に使用して感じるメーカー毎ののJpeg撮って出しの傾向です。

個人的な好み(主に子ども撮影)では、富士フィルム→Olympus→Canon→PENTAX→Nikon・Panasonicの順番になると思います。

被写体が変われば順位も変動するとは思いますが、富士フィルムの優位性だけは、揺るがないように思います。

 



2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です