車の後部座席でブログを書いてみたら、カフェよりもずっと快適だったす

スポーンサーリンク



この記事の所要時間: 229

意外と快適です。車内執筆。

先程ツイッターでもつぶやきましたが、カフェにMacBookを持ち込んで記事を書く行為は、田舎ではめっちゃキツイです。

ノマドスタイルの仕事って、都会では日常的に行われていると思いますが、田舎ではまず見ない。

だから、僕がパソコンを広げると周りのお客さんが何だこいつ的な目線で見てきます。

考え過ぎかもしれませんが、気が小さい僕は被害妄想的に受け取ってしまいます。

そこで思いついたのが、車内執筆です。

エアコンもある、ドリンクも(買えば)ある、ICOSもOK。こんな環境他にない

車ってトイレを除けばほとんど自宅の僕の部屋と大差ないということに、たった今気づきました。

カフェで周りの目を気にしたり、声の大きいマダムの雑談に気を取られること無く、一人で好きなだけ集中できる環境はこんな近くにあったんですね。

自動販売機で120円のドリンクを買えば、他にかかるのはアイドリング用のガソリン代だけです。1時間かけたままにしても、多分金額的にはしれているでしょう。

さらにはDCのシガー電源があるので、電子機器も充電し放題です。

そんじょそこらのネットカフェよりもずっと快適ですね。

車内での記事執筆にノートパソコンを使うか、スマホを使うか

今回はMacBook Proを持っていかなかったので、スマホで記事を書いてみました。

ノートパソコンで執筆作業をしたほうが当然早く記事は仕上がると思いますが、スマホでもテキストだけならほとんど変わらないですね。

スマホでのブログ執筆については以前触れたことがあるのでリンクを張っておきます。

画像の貼り付けについては、スマホでも何とかなるとして、リンクの挿入と、記事のURL設定だけはどうしてもタッチUIの機器では厳しいですね。

この記事も最後の仕上げはMacBook Proで行いました。

引き続き、スマホだけで記事を完結させる方法を考えていきます。

【まとめ】車の後部座席でブログを書いてみたら、カフェよりもずっと快適だった

車内でのブログ執筆、意外とありだと思います。

今回僕はカフェ執筆の代替案として車内執筆を試みましたが、結果大成功だったと思います。

僕と同じ小心者な方にはとってもおすすめな作業場所だと思います(笑)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です