高校生の男の子がお金をかけずにくせ毛を治すとすれば・・・

高校生の男子でくせ毛に悩む人ってもちろんいると思いますが、高校生の男子はくせ毛対策ほんとうに大変ですよね。

女子なら縮毛矯正をかけても何も言われないけど男子はそうはいかない。周りの目が気になるし、バレれば馬鹿にされるかもしれない。

・・・・ということで、今回は男子高校生がくせ毛や天パ対策をするとしたら何をすべきか・・・を考えていきます。

費用がかからない方法が必要

アルバイトをしていてお金を稼いでいる子であればいいですが、そう簡単に親御さんはアルバイトを許してはくれませんよね。しかも部活があったりするとアルバイトする時間自体がないわけですよ。

つまり、普通に考えて男子生徒はくせ毛対策しようにも、基本的に費用はかけれないということになりますね。

汗をかかない道を選ぶ

あくまでくせ毛のみにスポットを当てたお話をすれば、汗をかかないようにすればクセは出にくいです。

汗はくせ毛の天敵です。頭皮から汗がでれば湿気が発生し、キューティクルが開いてしまうので、折角朝キメた髪型も一瞬で崩れてしまいます。

あまり現実的ではないですが、水分や湿気はくせ毛を開花させる起爆剤なので、抑えれるものなら抑えたほうがいいですね。

短髪にする

くせ毛は当然毛が長いほうが目立ちます。

髪の毛がストレートのカッコいいさらさらなヘアにはつい憧れがちですが、短髪もきっちりセットすれば実際カッコいいはずです。芸能人でも短髪でかっこいい人はたくさんいます。

ロングな髪型もかっこいいですが、自身の精神面で辛いなら短髪にしてしまい、くせ毛の心配を心から取り除いてしまえば、逆に性格が明るくなることもあるはずです。見た目は大事ですが、最終的には中身が大事だと思いますよ。

彼女が欲しいのであれば、外観なんて飾りだと思いますよ。モテる男子は顔もいいでしょうけど、それよりも中身がカッコいいのですよ。

中身を磨けるよう、少しでもくせ毛に関する悩みを減らすのはとても大事なことだと思います。

くせ毛用シャンプー、リンス(コンディショナー)を使ってみる

お金はかかってしまいますが、くせ毛を少しでも和らげる有効な手段としてくせ毛用のシャンプーやリンスを使ってみることです。

くせ毛用のシャンプーリンスは、基本的にくせ毛自体を治療するのではなく、くせ毛発生の起爆剤となるキューティクルの開きを抑制するものだと考えていただければと思います。

キューティクルが開くと髪の毛の内部に水分が侵入し、折角朝のセットで固定したコルテックスのバランスを崩してしまいます。コルテックスのバランスの悪さがくせ毛を発生させる大きな要因の1つなので、こいつがいかに真っ直ぐな状態でいられるか・・・がくせ毛改善の鍵です。

超絶強いくせ毛や天パの人は縮毛矯正もしくは坊主頭以外に対処方法はありませんが、一般的なくせ毛や天パの人であれば、朝のドライヤーで一時的に髪の毛はかなり真っ直ぐになるはずです。あとはそのセットした髪の毛をいかに崩れないようにするか・・・です。

そこでくせ毛用のシャンプーリンスです。

くせ毛専用商品って使うとどうなるのかというと、キューティクルが開かないように水分に髪の毛を近づけさせない状態になります。

こうすることで、多少湿気が多い日や、汗を書いた時などでもコルテックスまで水分が届かないようになり、結果として朝セットした髪型が長続きしやすくなる・・・という理屈なんですね。

費用はかかりますが、当ブログの他の記事でくせ毛用トリートメントなどは紹介していますので、よかったらお読み下さい。現在の私の愛用品です。

高校生の男の子がお金をかけずにくせ毛を治すとすれば・・・ まとめ

坊主頭にするのが一番安くあがりますが、だったらわざわざ検索してまで解決策を探さないですよね。

くせ毛は、完治することが基本的には無いと思います。だから、いかにして誤魔化すか・・・なんです。

ごまかし方は究極的には縮毛矯正が最も効果的ですが、いかんせん費用が掛かり過ぎます。

私個人としては、顔のタイプ次第ですが、髪の毛は短めにすることをおすすめします。実際私も社会人になるまでは短めでなるべくくせ毛が目立たないようにしていました。

就職後は縮毛矯正をかけるなりすればいいと思いますし、いずれにしても、縮毛矯正以外で完璧な対処はできません。

そのうち、実際に私がやっていた誤魔化し方を紹介して見ようかと思いますので、よかったらRSS登録してくれれば幸いです。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です