前髪のくせ毛、縮毛矯正パーマ以外でストレートにするには??

man-978750_640

前髪をまっすぐにしたいというのはくせ毛や天パの人であれば誰もが思うことです。

前髪ってその人の印象が決まりますからね。くせ毛はその大事な印象を損ねてしまう大きな問題です。

僕もこんなブログを書いているくらいですから、もちろんくせ毛(天パ)です。

思えば、くせ毛は小学校高学年くらいから気になるようになって、今までいろんなくせ毛を直す方法を試してみました。家庭用ストパー、美容室での縮毛矯正、ヘアアイロン、ナノケアドライヤー、他にも試せるものはほぼ全て試したと思います。

ですが、結果は惨敗でした。縮毛矯正だけは真っ直ぐになりましたが、費用が高いので、続きませんでした。あと、毛根的にもダメージが大きいので。

そして僕はこの時思いました。

「くせ毛という遺伝子レベルで決まっているものに対して、根本的にどうにかするというのは不可能だ」と。

諦めたというか、悟りました。


スポンサーリンク

前髪のくせ毛に対する考え方の転換

くせ毛を根本的に治療するのは無理です。でもだからと言って諦めるわけにもいきません。

なので、僕は考え方を変えました。

要は、くせ毛だろうが直毛だろうが、かっこ良ければいいわけですよね。言い方はちょっとアレですけど。

そもそも髪の毛を真っ直ぐにしたいのも、周りの目が気になる、もっといえば女の子からモテたいからですし。

幸い直毛がカッコいい時代は終わった

今の日本って、面白いことに男でもパーマでウエーブさせている人が多いです。

カッコいいモデルさんや、俳優さんもパーマかけてる割合は高いですよね。例えば山Pとか福士蒼汰とか。

直毛の人がかけるパーマと、くせ毛や天パの人の天然ウェーブは、その質こそ違いますが、大事なのは、直毛がかっこいい時代は終わったということです。

時のイケメンたちがこぞってパーマをかける時代です。間違いないでしょう。

くせ毛のままカッコいい髪型にするために僕がやったこと

結論から言います。rishirich(リシリッチ)を使います。

僕はくせ毛を直毛に治すという方法を取らずに、くせ毛に対するコンプレックスを克服しました。

何故克服できたかと言えば、先程も書いた通り、くせ毛のままかっこいい髪型にすればいいとわかったからです。ぶっちゃけ、女にモテれば何でもいいんですよ。気持ち的には。

ただね、単純に髪型をかっこ良くしたくても、そうはいきません。

なぜならくせ毛の人なら誰もがわかる通り、くせ毛は髪型の選択肢が基本的に無いからです。

ちなみにくせ毛だと髪型が自由にならないのは、強力に形状記憶してしまっているせいですよね。

リシリッチの効果は、前髪はもちろん、くせ毛自体の形状記憶する性質を弱めてくれるものなんですよ。髪の毛がかなり素直になります。

髪の毛が素直になるとどうなるのかというと、直毛の人がパーマを掛けた時のちょうどいい感じのパーマ具合になります。もちろん元々のくせ毛レベルによりますが、僕にはこれがハマりました。

前髪のくせ毛の治し方 まとめ

くせ毛の人は直毛にはなりません。でも、くせ毛のまま髪型をかっこ良くする事はできると思います。

そしてその髪型の選択肢を広げてくれたのが、僕の場合はリシリッチだったということです。

是非、試してみてください。

PS.

あ、そうそう、一応補足しておきます。

髪型も大事ですが、やっぱ恋人を作るのに一番必要なのは、性格ですね。

髪型だけ良くなっても、心も磨かないとダメです。

前髪のくせ毛を治す前に、まずは心を磨いてから、お試し下さい。(笑)

rishirich(リシリッチ)【公式ページヘのリンク】

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です