オイル付き綿棒で赤ちゃんのおへそ掃除や便秘を解消しよう

menbou

育児をするにあたって、「綿棒」ってとても大切な存在です。

耳かきとかおへその手入れとか、当然のごとく出産準備として綿棒を買うでしょう。

綿棒にも、普通タイプのもの、波型タイプのもの、粘着タイプのもの、色のついている綿棒など様々な種類があります。

オイルつき綿棒にも、普通サイズの綿棒と赤ちゃん用の綿棒があります。

オイルつき綿棒には、様々な使い方がありますが、ここでは赤ちゃんに活用できる方法として、便利なオイル付綿棒をご紹介します。

オイルつき綿棒ってなに?

オイルつき綿棒とは、「綿棒の先端にオイルを染み込ませてある綿棒」のことです。

オイルということもあり、汚れやゴミが取りやすくなっていて、しかも乾燥している綿棒より赤ちゃんの肌に優しいというメリットがあります。

綿棒にベビーオイルをつけて使っている方も多いでしょう。ですがいまや、聞いたことがないという方は少ないと思うほど、オイルつき綿棒は定番です。

赤ちゃん用品を扱っているところなら必ずあります。ピジョンやタマガワ、DHCは赤ちゃん用じゃありませんがオリーブバージンオイルのついた綿棒が販売されています。

大人でも活用できるアイテム、育児にはかなり便利に活用することが出来ます。

生まれたばかりの赤ちゃんのへその緒が取れる前と取れたあと

生後しばらく経てば、消毒の必要もなくなり、おへそを気にする機会も減っていくでしょう。

でもある日、ふとおへそを見るとおへそにゴミが溜まっていたり、じゅくじゅくになっていたりすることもあります。

そんな時に、オイルつき綿棒などで掃除してあげると良いです。

優しくオイルがついている綿棒でくるくるとするだけでみるみるうちにキレイになりますし、オイルをちょっと肌につけておくだけでこすらなくっても汚れが浮いてキレイに取ることが出来ます。

おへそを掃除しなかったら、かゆみや痛みが出てくることもあります。ただし、やり過ぎるとおへそを傷つけてしまったりするので、注意してくださいね。

赤ちゃんのうんちが出ない(便秘)の時も使える

赤ちゃんのうんちが出ない…というときにも、オイルがついている綿棒は大活躍です!

我が子は、生まれた時から他の子に比べてうんちがあまり出ず、便秘気味でした。

病院で処方してもらったいちじく浣腸などをしていましたが、出切ってしまうまでお腹が痛いですよね。

そんな姿を見るのも可哀想ですし赤ちゃんも辛いです。

そんな時に便利なのが、普通サイズのオイル付綿棒です!

もしオイルがついているものが見つからなかったら、綿棒の先にベビーオイルをたっぷりつけるだけでもOK。

「のの字」を書くようにゆっくりまわしてあげると、刺激されてうんちが出ます!

「癖になるから、あまりしない方が良い」と言われる方もいますが、それは迷信で小児科の先生によると、癖になることはないそうです。

赤ちゃんの便秘がひどくて苦しそうなら綿棒(オイル付)を使って、刺激してあげましょう。

購入したけど実際には使わなかった綿棒

オイル付きの綿棒と似たタイプで粘着タイプの綿棒があります。

私も粘着タイプの綿棒は買っていましたが1度しか使いませんでした…
赤ちゃんの鼻を掃除する時や、耳掃除をするときに使いましたが粘着性ではなくても特に問題はなかったんです。

むしろ、男の子の場合は耳の中が乾燥していてカサカサの耳かすが多いので、オイルつきのほうがよく取れるんです。

鼻の掃除をする際、乾いた小さい鼻くそは粘着性の綿棒で取れますが、ネバーっとした鼻くそや硬い鼻くそは、粘着性では取りにくいですし、痛がることも。

また、赤ちゃんの耳掃除で粘着性の綿棒を使うのも良いですが、赤ちゃんの耳掃除で奥まで掃除をするのは良くありません。

耳の入り口付近を軽く掃除するか、拭きとるぐらいで良いので、一般の綿棒や赤ちゃん用の綿棒、またはオイルがついている赤ちゃん用の綿棒がおすすめです。

奥の方までゴミがある場合は、無理せず耳鼻科すると軽く取ってくれるので赤ちゃんでも幼児でもかかりつけの耳鼻科があるとすごく楽です。

おすすめのオイルつき綿棒はコレ!

波型の綿棒は使いやすくって、子供の鼻掃除や耳掃除、綿棒浣腸にもおすすめですが中々オイルがついているものって見つかりません。

我が家では、波型の綿棒にベビーオイルをつけて使っています。

ベビーオイルも当然、出産準備として購入すると思いますが、活用方法がわからず使わなかったという方もちらほらいます。

ですが、波型の綿棒とオイルでかなり便利なアイテムに変身します。

どんなときにも使えるので、持っておくと良いでしょう。

「赤ちゃんに対する綿棒のすすめ」まとめ

自宅にベビーオイルがある方は、オイル綿棒を購入しなくても普通の綿棒にオイルを垂らせば代用できます。

オイルと言ってもベビーオイルじゃないといけないわけじゃありませんし、バージンオイルのほうが汚れが取れるとか、アロマ用のマッサージオイルとかも良いんです。

普通の綿棒より、オイル綿棒の方が入っている本数も少ないですし、普通の綿棒を購入してオイルを垂らす方がコスト的のも良いですよね。

綿棒だけでなく、赤ちゃんの保湿にも使えますし、オイルは1本持っておくのも良いと思います。

ベビーオイルならアレルギーの心配もないと思うので、まずは試しにオイルがついている綿棒、またはベビーオイルと綿棒を買って使ってみて下さいね。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です