悪質な業者にだまされないために消費者として必要なこと

e-commerce-402822_640

カメラネタがおもいで写真.comに移行するってことで、これまでカメラネタ以外ほとんど書いてこなかった当ブログはどうなるのか?と不安になる人もいると思いますが(自意識過剰)、ご安心下さい。ネタはまだまだあります。

さて、じゃあ次のネタは何なんだ?さっさと言えよ!という声が聞こえてきそうなので、早速本題に入っていきたいと思います。

題して、「悪質な業者にだまされないために消費者として必要なこと」です。


スポンサーリンク

消費者としてネット上の商売の手法はきっちり理解しておかないと損をするよ!

今後ブログのメインテーマとして考えているのがまさにこれで、この世の中はインターネットで買物をするというのはもはや日常茶飯事になっていると思います。

具体的に言うとAmazonや楽天などの総合ショッピングサイトから、各企業が個別に持っている直販サイトまで、もはや何でもインターネットだけで済ますことの出来るくらいオンラインショッピング環境は充実しています。

そんなインターネットショッピングが進化している中、消費者の方は進化しているのか?というとさほど進化していないのではないだろうか?というのが私の中であります。つまり、売り方の多様化に消費者はついてこれず、場合によっては詐欺まがいなことに遭いかねないということです。

売り手の考え方を理解することが良い買い物をする秘訣

こんなことを書くとあたかも売り手が「悪」みたいに誤解されそうですが、現実的に悪質な売り手は存在しているわけで、消費者としてはこれを見分ける力を持たなければ悪質な商売のカモにされてしまいます。

したがってどういった売り方をしているのか?なぜこのような売り方をしているのか?ということを常に頭の片隅に置きながらショッピングに望むことがとても重要です。

ブログやサイトはステマの巣窟

blog-327073_640

何か欲しい物を探したり、問題を解決するために必要な商品を探す時、検索結果に出てきた個人のブログやサイトを見るということはよくあることだと思います。

しかし、この個人のサイトやブログというのは、一部に悪質なアフィリエイターがステマによる商品紹介をしていることがあるため、きちんと内容を読んだ上で、そのブログが信用できるかどうかきっちり考えてから商品購入の決断をしなければ、騙されてしまうかもしれません。

特にメリットばかりを主張し、デメリットを全く書かないような記事は少々危険な匂いがするので、近づかないようにするのが無難です。彼ら悪質なアフィリエイターは買い手のことなど考えず、ただ売れればそれでいいという、要はステルス・マーケティング(通称ステマ)というものです。

一応誤解されないよう補足しておきますが、いいことしか書いていないのがサイト全体の場合は危険ですが、別の記事では他のダメな商品も紹介しているなど、総合的に公平に書かれているブログやサイトであれば、信用しても良いと思います。あくまで、ブログ全体として、メリットしか書いていない売る気まんまんなブログからの購入はやめておきましょうということです。

何故このような消費者のための記事を書こうと思ったのか

私自身もブログをマネタイズしているということもあり、このようなオンラインビジネスについては、かなり勉強しているつもりですのです。本来は売り手目線の記事を書くべきなのかもしれませんが、悪質な訪問者から購入する消費者を少しでも減らしたいということと、私自身もまっとうな道を歩みたいという自戒の意味も込めて、敢えて消費者目線でのオンラインショッピングの見方について書いてみました。

以上大雑把に説明しましたが、個別の詳細な事例や手法についてはまた今後の記事でどんどん追加していこうと思っています。賢い消費者になれるよう、気を引き締めてかかりましょう。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です