簡単に良い雰囲気を演出してくれる海外の新聞(英字新聞)で背景を作る

この記事の所要時間: 244

物を撮影するとき、意外と困るのが背景の処理です。

写真の目的にもよりますが、何も考えずに撮影した写真は、主題が何なのかがぼやけがちです。

理由はもちろん、メインの被写体の周囲環境にあります。

今回は、背景処理の一つのアイデアとして英字新聞、つまり海外の新聞紙を使ってきれいな写真に仕上げてみようと思います。

使用するもの

英字新聞風リメイクシート(DAISO)

海外の新聞といっても、ここは日本ですから自宅に置いてあるようなものではありません。

そこで、こんなものを使ってみます。

100円ショップDAISOで販売しているリメイクシートです。

英字新聞は手に入らなくても、こういったものが100円ショップで販売されているので、身近に英字新聞が無い方はおすすめです。

後述しますが、裏面がシールになっているのもポイントです。

ダンボール

ダンボールを使う理由は、英字新聞の補強のためです。

先ほど紹介したリメイクシートは、非常に薄手のため、ちょっと力が加わると傷がついたり破れたりしてしまいます。

なので、ダンボールにリメイクシートを貼り付け、繰り返し使えるよう補強するというわけです。

作り方

敢えて説明するまでもありませんね。ダンボールにリメイクシートを貼り付けるだけです。

英字新聞風リメイクシートは購入時はお風呂の蓋のように折れ曲がっているので、スマホに保護フィルムを貼るような感覚で、キレイに貼り付けます。

ハイ完成です。

ダンボールに貼り付けているため、耐久性も高く、何度でも繰り返し使用することが可能です。

僕の場合、普段撮影に使用しているテーブルの上にコイツを載せて撮影します。

一見、こんな簡単に作れるもので、キレイに背景処理ができるのか不安になりますが、それは作例を見ていただければ答えがでます。

英字新聞を背景に使用した作例

【まとめ】簡単に良い雰囲気を演出してくれる英字新聞で簡易背景を作る

いかがだったでしょうか。

Instagramなどでも英字新聞の上で小物撮影されているシーンはよく見かけると思います。

何の変哲もない被写体でも、背景一つで簡単に一味違う写真に変化させることが可能です。

また、今回使用したリメイクシートは、新聞紙とは異なり、ある程度の耐水性があります。お料理写真など、水分の多い被写体でも適応できるため、利用できる幅はかなり広いです。

以上、英字新聞を利用した簡単にできる背景づくりでした。

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です