フォトグラファーやクリエイターは何故Macを選ぶのか?Macを使い始めて2年経ってわかったこと

macbook-577758_640

現在私が使っているパソコンはMacBook Pro2013laterなのですが、使い始めた動機はプログラミングを始めてみたいからというただそれだけの理由だったんですよ。

HNの【ruby】もrubyというプログラミング言語を習得しようとしていた当時にそのままプログラム言語名を名乗ったという安易なものです。


スポンサーリンク

Macは何故フォトグラファーやクリエイターに好まれるのか

photography-425687_640

スタバなどのcafeでパソコンを開いて仕事をしている人ってかなりの確率でMacを使っていますよね。

Windowsパソコンを使っている人を探すほうが難しいくらいMac率は高いと思います。

でもこれだけMacが選ばれる理由って、私個人としてもMacを自身で購入してからしばらくはわからなかったですね。正直なところ。

しかしようやく最近になってMacがフォトグラファーやクリエイターに好まれる理由が分かり始めてきたので、自分の感じる範囲でお話できればと思います。

【最初の感想】Macって融通きかねー。不便過ぎる。

mac-459196_640

これ、購入したてのころは、マジで思ってました。まずエクスプローラの概念がWindowsと全然違います。要はフォルダーの使い方ですね。

Windowsだったらとりあえず何かファイルを作る時はデスクトップに作って、そこからフォルダをさらに細分化していくじゃないですか。

でもMacの場合はエクスプローラの階層(ってわかります?)が視覚的に非常にわかりにくく、基本的にはデフォルトで用意されている書類っていう場所(フォルダとはいいがたいもの)にファイルを作っていくようなイメージなんですね。

しかもWindowsのようにドロップボックスなどのフォルダを複数同時に立ち上げることが出来ず、ファイルの移動なんかも一旦コピペして、ペースト完了後に元ファイルを削除するみたいな作業が必要になります。

他にもアプリケーションのインストールがWindowsと違って基本はAppStoreからダウンロードしなければいけない(AppStore経由しないファイルは、若干特殊な手法を取らないとインストール出来ない)など、Windowsに慣れている私にとっては、何だこのくそPC!っていう感じでした。

とにかくWindowsに比べると自由度はものすごく低いです(PC知識が一般人レベルの場合)。

例えるならiphoneとAndroidの違いとほぼ同じ

mockup-847643_640

パソコンではWindowsとIOS(Mac)がパソコン業界を二分していますが、スマホであればiphoneとAndroidが二分していますよね。

そのiphoneとAndroid、両方使ったことがあるひとはわかるかもしれませんが、基本的にAndroidのほうが自由度が高いです。

Androidなちょっとした画像の整理なども好きにアプリを突っ込んでできるし、パソコンと繋いでスマホ本体に音楽を入れたりするのもAndroidはWindowsパソコンとほぼ同じような感覚でできます。

でもiphoneの場合は、iTunesを必ず経由しなければならないんですよね。iphone自体がiTunes以外のところから入ってくるデータを認識してくれないので。SDカードも使えないし。

だからiphoneはそういったiTunesなどを使えるパソコンと揃えて初めてワンセットといえるわけです。

とにかくiphoneは自由度が低いんですよ。Macと同じです。

そんな不自由なMacにだけ与えられた特権って・・・

ここまでは正直Macのいいところって全く無いですよね。とにかく不自由の一言に尽きます。

それでもMacが愛される理由は、作業に集中できる環境を提供してくれることだと私は思っています。

Macを使っていて思うのは、何か作業をしている時に、寄り道をあまりしなくなるということです。不便故に。

Windowsの場合、雑念が入りやすいと思うんですよね。何でも出来るがゆえに。器用貧乏的な。。

一方Macの場合はネガティブな考え方かもしれませんが、不自由さが逆にブログ執筆や画像編集に対する集中力を高めてくれるような気がします。

そして、Macが実際不自由だといっても、Windowsより手数がかかるとはいえ、必要なことはほぼ全て出来ますし、有名なソフトウエアはMacも大抵対応しています。

車で例えるならば、ホンダやスバルがMac(不便だけどハマる。特化型)で、トヨタや日産がWindows(何でもできるけどハマらない。汎用型)と言えばわかりやすいでしょうか。(車好きしかわからん例えだけど)

フォトグラファーやクリエイターがMacを好んでいる理由をruby的にまとめると・・・

あ、そうそう。外観について触れていませんでしたが、外観はモノとしての質感がWindowsパソコンよりもかなり高いというのは高ポイントですよね。

iphoneもアンドロイド機に比べてかなり質感が高いですが、Macも同じように恐ろしくモノとしての所有感を満たしてくれます。

フォトグラファーやクリエイターの方々って、普通の人と比べても特殊な仕事環境だと思うんです。自分で何かを創りださなければいけない。。。みたいな。

それって誰にでもできることではなくて、ある種のこだわりを非常に強く持っていなければ成立しないことでしょうから、その自分の生き様が「MacというWindowsとは違う特殊な立ち位置のパソコンと重なっている」んじゃないのかなと。

・・・とまぁ、以上が私が推察したMacがフォトグラファーやクリエイターに好まれている理由です。

私自身もまだ全然Macの性能を活かせていないので、まだまだ他にもフォトグラファーなどに好まれる理由があるのかもしれません。

もし良かったらコメント欄で教えて下さい。

「Macはこれがあるからフォトグラファーに好かれているんだよー」みたいな。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です