MP4方式の動画ってどうして未だにデジカメやビデオカメラに残ってるの?

mp3-706859_640

MP4っていう動画形式、聞いたことありますか?

昔からある動画の保存形式の一つで、未だにデジカメやビデオカメラの保存設定にはこのMP4という項目が残っていると思います。

でも実際MP4で撮影することってないですよね?特にビデオカメラの場合は現在の主流はAVC-HDで、デフォルトの設定でもこちらの形式になっているため、普通に考えてMP4が何のために存在しているのかわからないと思います。

今回はそんなMP4が何故生き残っているのか、実際に私が経験した中からお話していこうと思います。

MP4は圧縮率低いからデータ量が大きいんですぜ

MP4は圧縮率、つまり同じ画質の動画でもAVC-HDよりもデータサイズが大きくなると言われています。

私自身も厳密に比べたことはありませんが、確かに動画の長さの割に、データサイズが大きいなーと思うことはありますね。あれ?経った1分の動画でこんなサイズ大きかったっけ?みたいな。

動画編集をするならAVC-HDは向いていない

これは本当に最近気づいたのですが、動画編集にAVC-HDは本当に向いていないと思います。

何がどう向いていないのかというと、1本の動画を構成するファイルが1つではないということですね。たくさんのファイルが合わさって一つの動画を構成しているイメージです。

動画を編集するソフトにもよると思いますが、例えば私が愛用しているMac純正アプリケーションのiMOVIEの場合、おそらくAVC-HDは読み込めないでしょうね。

基本的に読み込めるファイルが1つしか無いので。

一方MP4は1動画1ファイルなので、動画編集ソフトなどで読み込む際にも問題はありません。

良くユーチューバーなどの動画でMP4で撮影してますよ!って話を聞くんですが、つまりは編集目線で考えるとMP4の方が適しているということになるわけですね。ユーチューバーの動画はものすごく編集されていますから。

一眼レフだけど映画撮影にも使われるというEOS5DMark2もAVC-HDではなかった

よくよく考えると映画撮影にも使われたという一眼レフカメラのEOS5DMark2もAVC-HDでは無いんですよね。

あれはMP4ではなく、MOVというまた違う形式ですが、AVC-HDとは違い、複数ファイルで一つの動画を構成しているわけではないでしょう。MP4と並んでよく聞く保存形式ですからね。

とはいえ、一般家庭ではAVC-HDの方が使い勝手がいいよね

編集するには都合のいいMP4ですが、実際編集をするような人ってほとんどいないコトを考えると、やはりビデオカメラなどはデフォルトでAVC-HDの方が良いのでしょうね。

編集しづらいと言われるAVC-HDもカメラやビデオに付属する編集ソフトを使えばそれなりの編集は出来るようですし、そうなるとライトな編集しかしない層にとってはビデオメーカー純正ソフトで十分ということになりますね。

MP4&AVC-HD まとめ

結局MP4よりもAVC-HDの方がメインとなってしまった記事ですが、要は、動画編集を前提とするならやはりMP4の方が使い勝手がいいから、カメラメーカとしてはMP4も残さざるを得ないといったところでしょう。

あと、忘れていましたが、AVC-HDは処理が非常に重いです。私の自慢のドスパラBTOパソコンでも、DVDを焼く時に処理重いなーと思うことも多く、MP4で撮った動画は比較的処理も軽いです。ただデータ量がデカイだけですね。

結論!

一部の動画編集者のためにMP4は今後もきっとなくならない!(※テキトー)

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です