パズドラが廃れ、モンストが大人気の理由は人と人との想いの交差の違いだよね

モンスト人気、凄いですよね。

私もモンストにはすっかりハマってしまっていますが、もともとはモンストよりもパズドラ派だったんです。今はすっかりモンストですけどね。

さて、このモンストというスマホゲーム、どうしてここまでの人気になったのか、実際プレイしている僕の目線で、パズドラと比べながら考察してみたいと思います。

パズドラはクローズド、モンストはコミュニティ。

パズドラとモンストの最大の違いは間違いなくマルチプレイの有無だと思います。

マルチプレイっていうのは、画面共有しながら他のユーザーとミッションをこなしていくってやつです。

画像を貼り付けるとこんな感じ。

IMG_0636

パズドラはそういうシステムがないです。一応フレンドという他ユーザーと繋がるシステムはありますが、あくまで、ゲームパーティの最後の一人をフレンドから選ぶっていうだけで、フレンドの意思がゲームに反映されることはありません。

つまり、パズドラはクローズドの世界。

一方モンストの場合、マルチプレイシステムによって、最大4人で1つのクエストを共同プレイでクリアを目指すことができ、しかもマルチプレイをしなければ得られない恩恵というものも加味されていることで、みんなマルチプレイを積極的に行う理由があるんですな。

人と人との想いの交差

モンストが面白い理由に、ユーザーごとのレベルの差があるんですよね。

これはどういうことかというと、マルチで4人プレイしていると、めちゃくちゃ上手い人と死ぬほど下手な人って出てくるんですよ。

上手い人のプレイは「おー!この人めっちゃ上手い!」ってことで、みんながグッジョブ!ボタンを連打しますが、下手な人が失敗しても誰もグッジョブ!ボタンを押さない。

モンストのマルチシステムでは文字でのやり取りが出来ないので、グッジョブ!ボタン1つで意思疎通をしあうわけです。

この何とも言えない、顔も見えない相手とのグッジョブ!のやり取りは、腹立つこともありますけど、みんなで一致団結してプレイできているときは、すごくワクワクドキドキしながらプレイできるので、めちゃくちゃ楽しいんですよ。

まとめると、コミュニティ要素があるモンストが廃れないのは至極当然なのかもしれないね

コミュニティ要素って絶対大事。

ユーザー参加型のウェブサイトって賑やかじゃないですか。2ちゃんとか、価格.comの掲示板とか。

あれと同じ理屈で、人と人との想いが交差できる場所はやっぱり盛り上がるものなんですね。

一人でプレイする分にはモンストよりもパズドラのほうが頭も使いますし、面白いかもとは思います。(最近はゴッドフェスの時にガチャるくらいしかやってない)

でも他ユーザーとのマルチプレイというコミュニティ的繋がり、そしてマルチでしか得られないお得な要素(具体的に言うとラックのことね)など、モンストのマルチは廃れないような仕組みが出来上がっていると思いますね。

今後もコミュニティ的要素を前面に出すゲームは、モンストを成功モデルとしてどんどん出てくると思うし、僕もそういうのが出てきたらやってみたいと思いますね。

(※モンスト面白いけど、流石にちょっと飽きてきた。)

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です