Adobe PremiereProCCとFinal Cut ProXの違い。悩んだ末に選んだのは・・・。

PremierevsFinal Cut Pro

動画編集にはAdobe PremiereとFinal Cut Proにはどちらが最適なのか。

どうもこんばんは。自称YouTuberになったrubyでございます。

YouTuberになりましたー!なんて言ってから動画をアップしていない僕でございますが、どうして動画をアップしていないのか?というと、そう、動画編集ソフトを変えたせいで動画の編集の仕方が全くわからなくなったからです。

結論から言うとAdobe PremiereProに決めました!

どうしてFinal Cut ProではなくAdobe Premiereにしたのか、今回はそんなお話をしていこうかと思います。


スポンサーリンク

Adobe Premiere ProとFinal Cut Pro

動画編集ソフトといえばこのAdobe PremiereかFinal Cut Proのどちらかになります。(Adobe Premiereはその名の通りAdobe製品。Final Cut ProはApple製品)

ただ、動画を始めてまだ日も浅いため、正直そんなに細かな違いはまだ今の僕にはわからないわけで、わかるとすれば精々有名どころのYouTuberがどちらのソフトを使っているのか?っていうことくらいです。

そんなわけで、僕が知っている大御所YouTuberが使っている動画編集ソフトがなんなのか、逆に言うと自分が好みの動画を作っている人がどの編集ソフトを使っているのかで決めてしまえばいいんではないか?という結論に至りました。

Adobe Premiereを使っているYouTuber

瀬戸弘司さん(僕にとっての神)

カズさん

まぐにぃさん

たまたま僕が良く見る動画はみんなAdobe Premiereを使っていました。(コレが決め手)

Final Cut Proを使っているYouTuber

ヒカキンさん

セイキンさん

超有名な二人(兄弟)ですが、どちらもFinal Cut Proを使っているようです。

実は僕はヒカキンさん兄弟の動画はあまり見ないんですけどね。

実際に作れる動画の違い(分かる範囲で)

Adobe PremiereもFinal Cut Proも高レベルな動画を作成できる編集ツールではありますが、ユーザーの評判は結構割れています。

僕がAdobe Premiereに決める際に調べてわかったことをご紹介していきます。

まず、動画編集なら何でも出来てしまうのがAdobe Premiere

Final Cut Proは何年か前にソフトの方向性をプロ向けから一般ユーザー向けに舵取りを変更したらしく、それを理由に長年Final Cut Proを使ってきたユーザーがAdobe Premiereに乗り換えたというエピソードがかなり多く見受けられました。

ただし、あまりに高機能、多機能すぎて、使いこなすのが逆に面倒くさいというユーザーも比較的多かったように感じます。

一応、僕が使っているMacにもFinal Cut Proのライト版とも言えるiMOVIEが入っていて、前回アップした動画までは全てiMOVIEで作成していました。

Final Cut Proの操作性はiMOVIEと似たようなもののようで、最初にiMOVIEから入った人は、そのままFinal Cut Proに移行したほうが、馴染みやすいとのことですね。

テロップの品質がAdobe Premiereの方が高い(らしい)

僕がこれまで作ってきた動画は、実はあまりテロップが入っていません。正確には本当は入れたいけど、iMOVIEのテロップ機能がしょぼくて、あまり使いたくないなというのが本音です。

ユーチューブ動画を作り始めて思ったのは、動画のテンポの重要さです。

よほどトークが上手い人であればテロップや効果音などが無くても、飽きることのない素晴らしい動画を作れると思いますが、なかなかしゃべりだけでテンポのいい動画を作れる人はそうそういません。

そこで重要になってくるのがテロップです。

テロップは効果音と合わせて使うことで、動画に気持ちのいいテンポを生み出すことが出来ます。

僕の尊敬する瀬戸弘司さんの動画を見ていただければわかりますが、テロップと効果音によって、飽きのこないテンポが作りだされていることがわかります。

iMOVIEの場合、テロップを表示すること自体はできますが、同時に表示できるテロップが1つまでということと、テロップの表示方法が、ポンッと出すことが出来ず、ふわ~と浮かび上がるような表示方法しか無いんですね。

このテロップの自由度がAdobe Premiereの方が高いということです。(人の受け売り)

そういうわけで、Adobe Premiereに決めました

とりあえずね、わからんことばかりですけど尊敬しているYouTuberさんが使っている奴を使おうと、そんな安易な考え方で選ぶのも悪くはないと思います。

少なくとも、同じ道具を使っている以上、腕さえ上げれば同じクオリティの動画を作れるようになるはずで、後は己の頑張り次第、そういうことになるわけですよね。

次のマイクラ実況は下手をすると年明けになってしまう可能性すらありますが、一段とパワーアップして帰ってこようと思いますので、引き続き、rubylogと、rubyのマインクラフト実況をどうぞ宜しくお願いします!

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です