OS純正アプリで動画編集するならやっぱりWindowsよりMac

YouTuberを目指している皆さんこんばんは。

いや、YouTuberじゃなくても子供さんの幼稚園のイベント動画の編集をしたいって人も結構多いかな?

動画編集は本当に楽に簡単になりました。

動画編集って敷居が高いイメージがあると思いますが、それは昔の話。今はWindowsにもMacにも最初から動画編集ソフトが付属していて、どちらを使っても、よほどこだわらないかぎりは十分なレベルの動画をつくり上げることが可能です。

WindowsかMacか?

結論から言うと、僕はMacを勧めます。

Macを選ぶべき理由は、やはりiMOVIEの存在ですね。

iMOVIEはMac純正のアプリケーションで、極めて直感的な操作方法で、ほとんどマニュアルを読まなくても、感覚的な操作で動画にテロップを入れたり、再生速度を変化させることができます。

これはWindowsのムービーメーカーでもほぼ同じですが、直感性がやや低いです。iMOVIEはAppleの製品なので、iPhoneの操作性と同様、直感性を重視しています。

スマホでAndroidとiPhoneの両方を使ったことのある人ならわかると思いますが、iPhoneのほうが基本的に操作が直感的です。フィーリングの話なんですけどね。

MacにはFinal Cut Pro Xがある

MacにはiMOVIEの強化版、Final Cut Pro Xというソフトがあります。

このソフトは、一昔前までは、プロの動画編集者はみんなこれを使っていたと言われるくらい、有名なソフトです。

僕も実際に使用したことがありますが、iMOVIEと同様、直感性を重視したソフトで、iMOVIEよりも細かく動画の編集を行うことができます。

ただし、Final Cut Pro XはMac専用ソフトなので、Windowsでは使うことができません。

AndroidよりもiPhoneの操作性に親しめるひとは、Final Cut ProがあるMacが向いていると思います。

サードパーティ製アプリを使うならどちらでも一緒

僕はAdobe製のPremiereという動画編集ソフトを使っています。

このようにサードパーティ製ソフトを使う場合、WindowsでもMacでもどちらを使ってもUI(ユーザーインターフェース)は同じなので、どちらのOSでも差はありません。

OS純正アプリで動画編集するならやっぱりWindowsよりMac

誤解がないように補足しようと思いますが、基本的にはどちらのソフトでもできることに大差はありません。

最大の違いは操作性、操作に対する思想の違いだと僕は思います。

よくWindowsとAndroidは同列で、MacとiPhoneとは相反するものだと言われていますよね。

OS全体で見ると、間違いなくWindowsのほうが何でもできると思います。対応しているソフトも多いですし、ビジネス用途でも一般的にはExcel、Wordが使えるWindowsが強いでしょう。

ただ、動画編集ってフィーリング的なものがすごく大切なものではないかと僕は考えています。ひよっこYouTuberの僕が言っても今は説得力がないかもしれませんが、Windowsムービーメーカーは、どこか機械的です。

あくまでこれは個人で感じ方が異なると思うので、一概にはいえませんが、動画編集にのめり込むなら、Macのほうが向いていると、僕は思います。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です