Macは中古で買う意味はほとんどない!絶対新品購入がお得!

apple-356037_640

どうもこんばんは。rubyです。

先日動画の方お話しましたが、パソコンをMacBook Pro2013late13インチモデルから、iMac2013late21インチモデルに買い換えました。

買い替えにかかった費用はわずか、5000円です。

MacBook Proを売却して、iMacを購入した差額が5000円ということですね。

びっくりするくらい追加費用が少ないですよね。新品時の価格はMacBookが14万円くらいで、iMacが18万円くらいですね。

僕はMacBook Proを当時新品購入していましたが、今回売却時、びっくりするくらいの高値で売れたわけです。

で、思ったんですよ。

Macって値落ちしないな・・・と。

以前カメラにガッツリ嵌っていたときも、1年後に買った時とさほど変わらない価格で売れるカメラと、買ってすぐに値落ちが始まって最終的に1年位で半値以下に落ちるカメラとがあることはわかっていましたが、こうなると、商品によってはどう考えても新品購入のほうがお得だなと思うものもでてくるわけですね。

その代表格がMacですね。というかアップル製品全般が同じような傾向です。

Macは基本的に新品の値落ちがない

Macは基本的にアップルからの直販で購入することになります。家電量販店でも販売はしていますが、Appleから値下げはほぼ禁止されているようで、値段を下げて販売するのは難しいと以前某電気屋さんの店員さんに聞きました。

つまり、Macはいつ買っても値段が同じなわけですね。

普通他の商品では、モデル末期は価格が当初の数十%程度下がります。ここがポイントですね。

Macはいつ買っても価格が変わらない、つまり、発売日直後に買っても損はないということです。デジカメは1ヶ月待てばそれなりに価格が下がるのは良くある話ですが、Macは1ヶ月間、価格が下がるのを待っても無駄なわけです。

モデルチェンジのたびに新品購入しても、差額はほとんど発生しないのがMac

例えば、新品時20万円のMacは、2年後中古で15万円で売れるわけですが(付いているオプションによるところもありますが)、この時に仮に20万円の新型に買い換えても追金はわずか5万円なわけです。

これをまた2年で買い換えると考えると、1年2.5万円でMacの最新モデルを使い続けれるわけで、このようなサイクルでほとんどロストがない買い替えをすることができるのは、おそらくMacぐらいだと僕は思います。

パソコンは長く使い続けると、どうしても動きが遅くなってくるため、クリーンインストールしなければならなくなってきます。

ですが、Macならクリーンインストールの代わりに新型に買い換えるという非常に贅沢な選択肢もあるわけで、僕としてはもうずっとMacを使っていきますよ!と思えるくらい、Macを気に入ってます。

みなさんもMac、使ってみませんか?

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です