ヤフオクで一眼レフの中古を買うのは危険!?カメラ転売の内情をお伝えします。

やふお

今、ヤフオクで一眼レフを買うのは非常に危険!

どうもこんばんは。rubyです。

最近ヤフオクでカメラを物色していたら、本当に物騒になったなーと感じますね。何が物騒になったかというと、カメラ転売屋さんがめちゃくちゃ増えているってことですよね。

確かにカメラってMacほどではないにせよ、値段が落ちにくいんですよね。だから転売で儲けることは十分可能です。僕も今まで買った以上の値段でカメラがヤフオクで売れたことありますからね。

もちろん転売自体が悪というのはやや行き過ぎた意見ですが、問題なのは、

偽ダブルズームレンズキット

の存在です。

偽ダブルズームレンズキットとは

そもそもダブルズームレンズキットというのは、一眼レフボディに加え、最初から標準ズームレンズと、望遠ズームレンズがセットになったもので、メーカーから正式に販売しているものです。

しかし偽ダブルズームレンズキットは、一眼レフボディはきちんとしたものですが、付属する2本のズームレンズを、単価の安い、古いタイプのレンズにすり替えて販売しているんですね。

だから、正規品は

一眼レフ本体が50,000円

標準ズームレンズ10,000円

望遠ズームレンズ20,000円

合計8万円のところ、セット価格で6万円で買えるイメージですね。

一方、偽ダブルズームレンズキットは、転売屋さんが正規のダブルズームレンズキットを購入し、この付属するレンズを2本とも、それぞれ仕入れ値が3,000円とか、5,000円で購入できるものに差し替え、そのレンズの差額分を儲けにしてしまう恐ろしい手法です。

もちろん、もともと正規で付属していたレンズは、レンズ単体でヤフオクで売りさばかれます。

僕は今まで散々一眼レフカメラを見てきたので、すぐに偽物だとわかりますが、初めて購入される方であれば、多分気づくのが難しいのではないかと思います。そのくらい、紛らわしいものです。

偽物被害を防ぐために必要なこと

まず、一番最初にメーカーホームページから、正規のダブルズームレンズキットに付属するレンズの名前、例えばキャノンであれば、「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STM」みたいな感じですね。

偽物セットの場合、このレンズが28-70mmであることが良くありますね。(28-70mmレンズもピンきりですが、偽セットで付属するレンズは、ほぼ100%一番安いやつ)

この28-70mmのレンズは、そうとう昔に販売されていたもので、ヤフオクで3000円とか、下手をすると500円とかで売られています。そのくらい激安の手ぶれ補正もついていない使い勝手の悪いレンズです。

手ぶれ補正がついていないレンズを買ってしまったら、キャノンの場合、手ブレを防ぐ方法がなくなるので、よほど熟練の人以外は、手ブレで写真を撮ることが難しくなります。

「純正ダブルズーム!」

みたいな感じで書いていても絶対信じてはいけません。きちんと商品説明に書かれているレンズの商品名を見ましょう。これがメーカーのHPに書かれているものと違う場合は、多分偽ダブルズームレンズキットです。

悲しいがな、まずは疑いの目を持たねばならぬとは・・・

噂では、カメラの転売マニュアルというものが販売されているようです。

よって、その方法で販売されている人は、みんなほぼ同じような商品説明文になっています。コピペで使っていますね。

騙してまで売って何が嬉しいのか、僕はわかりませんが、これが現実です。

ヤフオクでカメラを買うときには、このことは十分注意して、偽物を掴まされないようにお気をつけ下さい。

他にも騙している例がたくさんあったので、次回は具体的な事例をご紹介します。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です