凡人でも続けるだけで勝ち組。それがネットビジネス。

名称未設定 1

更新がさっぱり滞ってしまったrubyです。

記事を書く時間が無かったわけではないんですよ。

以前書いた記事、忙しい。時間がない。で書いたことは今も継続しているので、以前に比べると大分余裕ができました。

じゃあ、なんで記事を更新しないのか・・・それは、

タイトルの通り、己の凡人さについて、深く深く考えていたら、記事を書く気がまるで起きなかったんです。

自分、凡人なんですよ。

夢と理想は持ってる。でもなーんかうまくいかない

僕のように独立を夢見てネットビジネス(全然ビジネスになってないけど)を始める人は今の世の中非常に多いでしょう。

でもきちんと独立まで行けた人はほんの一握りすらいないのが現実のはず。

僕も途中までは比較的順調に収入を増やすことができましたが、忘れもしない、2年前の9月24日にすべてが吹っ飛びました。

それ以来、何をやってもうまくいかない。もっと厳密に言うと、うまくいく気がしない(気持ち的に)から、長続きしないという感じですね。「なーんかうまくいかない」っていう言い方が非常にしっくりきます。

こういう人、多いんじゃないでしょうか。

成功者のブログが増えまくったのは、場合によっては心をへし折る要因にも・・・

一応念押ししておきますが、情報を公開している成功者の否定じゃないですよ。

彼らのブログは非常に参考になり、足りない知識を埋めてくれる一方、変なイメージを頭に植えてしまうところがある気がします。

そのイメージとは、自分も同じようにやれば近いステージまで上がれるかもしれない!・・・という擬似成功イメージです。

成功イメージは大事だけど、自分の力量を無視すると悲惨

ビジネス指南ブログなどには、プラス思考で常に攻めろ!守りに入るな!などといった精神の持ち方などが書かれていることがよくありますよね。

間違いなくそのとおりだとは思いますが、自分のタイプ、力量が見えていない人がイメージだけを持っても、なかなか上手くいかない状態が続くと、ポキっと心の柱が折れる音が聞こえてしまいます。

まぁ・・・すべて僕のことですけどね。

努力すればなんとかなる。嘘ではないけど、達成までに必要な時間を考えることも大事

世の中、大抵のことは努力すればなんとかなると僕は思っています。

だからビジネスもきちんと努力できればきっと成功できる。

ただし、ここで非常に大切なことが一つだけあります。

それは、達成できるまでの時間・・・です。

僕はビジネス的なことを始めたのは2011年の11月。もう5年も前の話です。

でも現時点で、最初の1年と今とで収入が全く変わらないんです。もしかすると減ってるかもしれません。

5年ネットビジネスをやっても全く収入がない人も中にはいるようなので、マシな方なのだとは思いますが、それでも5年間、1日たりともビジネスのことを頭から忘れた日はありません。

5年間もやって、1日何時間もビジネスのことを考えて、実践して、それでも未だに軌道に乗らない。

仮に時給に換算すると、時給100円〜200円位です。

時給100円のために、5年間もの大切な時間を消費しつづけてきたのもある意味大したもんですが、いつか達成できるであろう、その日のことを夢見続ける前に、今の状況を整理する時が来た、そう思っています。

お金は増やせますが、死ぬまでの時間は減る一方なんです。

秀でた才能がない人、いわゆる凡人であることの自覚

自分はビジネスを初めて最初の1年で月3万、翌年月10万、更に翌年月20万と、順調に報酬を伸ばしてきました。

ところがその後、転機が訪れ、今や最初の1年目にすら劣るような状況になり、その状態が2年ほど続いています。

ビギナーズラックという言葉そのものだったと言うのは簡単ですが、自分で言うのも何ですが、相当苦しかったです。

ここ最近はどちらかというと、何かにつけてはビジネスを避けるようになっており、もはや引退の文字すら見えてきています。

自分は所詮この程度、凡人だったんだな。

ここで飛んできそうなのは、安西先生(スラムダンク)の名言ですが、諦めるということは、ある意味勇気が必要なことでもあるのではないかと、今は思っています。

諦める勇気

かっこいいようなカッコ悪いような。。。なんとも微妙な響きですね。

でも、凡人には非常に重要な言葉だと僕は思います。今は。

凡人に残された道

凡人は所詮凡人です。

何をやっても、それなりにはできても、突き抜けるには至らない。

だから、

ビジネスで月に100万も200万も稼ごうとは思ってはいけない。

一攫千金を狙うようなことはしてはいけない。

でも、月2〜30万円なら凡人でも稼げる

この感覚はとっても大事。

これが野球やフィギュアスケートならそうはいかない。

そのジャンルのトップレベルでなければ、食べていくことはまずできない。

まずは、自分でもできることを探す。続けれることを探す。

ネットビジネスは続けることさえできれば稼げる。これは僕の経験からも絶対に間違いない事実。

上を見すぎて、そのギャップに手が止まってしまうくらいなら、最初からそんなところは見ないで、自分のできることだけをひたすら行う。

1日20記事書けなくても良い、被リンク網を構築できなくても良い。

とにかく、続けていけることだけをやっていこう。

続かないビジネスは稼げない。アタリマエのこと。

手が止まるビジネスは稼げない。これも当然のこと。

そろそろ気付こう。

凡人でも記事を書き続けていけば、稼げるのがネットビジネスの世界。

逆にこんなに美味しい話があることを喜ぶべき。

凡人が稼げるなんて、このネットビジネスくらいだ。

手が止まりそうになったら、少しだけなら止めても良いさ。

無理に動かして二度と動かなくなるくらいなら、少しだけ休んでもいいさ。

続けるだけで勝ち組。それがネットビジネス。

さぁ、世の凡人諸君、僕と一緒に自分にできることだけを頑張って続けていこう。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です