9.7インチと7.9インチの2つのiPad選びはとっても簡単!たった1.8インチの大きな違い

2016-05-22 00.58.43

最近タブレット持っている人めちゃくちゃ多いですよね。

僕も2年ほど前にiPad mini2という未だに現役販売されている長寿機種を所有していますが、この度9.7インチのiPadProを追加購入しました。※レビューは準備ができたらやりますw

購入の動機は、iPad miniは子どもと嫁さんに取られてしまったから(笑)なんですが、ぶっちゃけ、miniの7.9インチという画面サイズ、相当気に入っていたんですよ。使いやすすぎて。

でも今回は敢えて9.7インチを選んだんですね。正直2週間位、マジで悩みました。調べに調べつくしましたね。iPadのことを。

そんな妖怪検索魔(妖怪ウォッチネタ)に化した結果、iPadの選び方について、一つの結論が見えたので、iPadの9.7インチか、7.9インチのどちらか迷っている人のために、書き残しておこうかと思います。


スポンサーリンク

iPadの場合、大は小を兼ねない

これね、すっごく大事です。

iPadのサイズ感は家電屋さんなどで実機に触ればいいのですが、家での使用感、外出先での使用感は、お店では決してわかりません。

結論から言うと、家でネット閲覧するには、9.7インチはデカすぎます。明らかにモバイル性が低いです。これは、実際にiPadProを買ってみてわかりましたね。

例えば大画面でYou Tubeを見るには確かに9.7インチに軍配があがるわけですが、それはあくまできちんとしたテーブルなどにiPadを置いて閲覧する場合です。ソファーなどでごろ寝しながらYou Tubeや、ネットサーフィンをするのであれば、明らかに持ちにくいです。しかも画面が近すぎます。

この点、iPad miniの7.9インチであれば、片手でも軽々持てますし、ソファーなど手に持ってiPadを使う場合は、液晶画面との距離感も絶妙です。

9.7インチのiPad Air2やProシリーズでは明らかに大きすぎる。ましてや12.7インチのiPadProなんて論外です。2mくらい身長が有る人なら、手も長いと思うので、もしかするとちょうどいい距離感になるのかもしれませんが。。

よって、世の中、大は小を兼ねるということはよくあることですが、iPadをソファーなどで使う場合、大(9.7インチ)は小(7.9インチ)を兼ねれません。明らかに使い勝手が悪い。

Excelやブログ執筆などの作業をする場合は圧倒的に9.7インチ

これは言うまでもありませんが、Excelなどの大画面で多くの情報が見れる類の作業であれば、断然9.7インチのiPadです。

作業系を行う際に、ソファーで寝転がりながらやるひとはそうそういないでしょうから、先ほどの画面との距離感も、テーブルに置いて作業すればクリアできます。

ぱっと見、画像からはそれほどの違いを感じないかもしれませんが、使ってみるとその差は歴然です。

2016-05-22 01.08.51

↑はApple社のナンバーズというExcel的なソフトのグラフ画面を表示したものです。

iPad miniの方も普通に読むことはできますが、文字は小さくなりますし、これをもっと縮小表示すると、より9.7インチとの見やすさの差は広がります。

小さい画面のPCから大きな画面のPCに乗り換えた時の感覚と同じです。作業をするなら、絶対的に大きい方が正義なんですね。

外付けキーボードを考えているなら絶対9.7インチ

iPadをアクティブに使いたい!と考えたら必ず過るのが外付けキーボードです。

僕のiPadminiも、もともとはブログ更新を出先でも行いたいと思い、購入したんです。そして、同時に外付けキーボードも購入しました。こんなやつです。

2016-05-22 01.07.23

Ankerのというグーグル出身者(?)が創設したPC外部機器専門メーカーのiPadmini専用キーボードです。

こいつをiPadに装着すると、こうなります。

2016-05-22 01.07.57

めちゃめちゃカッコよくないですか(笑)

しかし。。。

しかしですよ!

2016-05-22 01.07.23

キーピッチが厳しすぎます(汗)

iPad miniのサイズ対応のキーボードだと、キーピッチが14mm程度しか取れず、タイピングがめちゃくちゃ窮屈なんです。

僕は男の中ではかなり手が小さい方(たぶん、女性と同じサイズ)なのですが、それでも狭く、普段ブログを書いているApple純正のWirelessキーボードのような早さでタイピングはまず不可能です。

正直、iPad miniがブログ更新に使えなかった最大の要因はキーボードだと僕は思っています。

思うように文字入力できないのは相当なストレスですね。

これが、9.7インチのiPadairもしくはProだったらどうでしょう。

iPadの方が横幅が4センチほど大きいため、ピッチが17mm確保できます。

一般的なキーボードが19mmですので、先ほどの14mmに比べると、相当打ちやすいです。たった3mmの違いですが、この違いは相当大きいと思います。

ちなみに僕は今回iPadProには、このたぐいのiPadぴったりサイズのキーボードは購入しませんでした。詳細は今後の記事で改めて書こうと思います。

【まとめ】9.7インチと7.9インチの2つのiPad選びはとっても簡単!たった1.8インチの大きな違い

結論からいうと、ビジネス用途で使わないのであれば、絶対7.9インチのiPad mini4をおすすめします。

僕も最後まで悩みました。iPadminiにするか、Proにするか。

僕の場合は、ブログ更新や、動画編集も行いたいということもあり、画面が大きく、パワーのあるproを選びましたが、単純にYou Tubeやネットサーフィンをするだけなら、間違いなくminiを選んでいたと思います。ネット上でもおおよそ同じようなことが書かれていますしね。

なお、iPadは通常のAndroidタブレットと違い、画面の縦横比が16:9ではなく、4:3です。

You Tubeなどは16:9なので、上下に余白ができてしまいますが、You Tube以外の用途、例えばブログなどのWeb閲覧などでは、この縦横比がベストです。これはPCにもいえますね。

動画以外で16:9という画面比は使いにくいと僕は思っています。要は縦スクロールするなら昔の4:3という縦横比のほうが使いやすいということですね。

ましてやExcelなどの表計算ソフトを使いたいということであればなおさらです。

以上、僕のiPadサイズ考察でした。

お役に立てれば幸いです。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です