【レビュー】iPad Pro(Air2)ANKERウルトラスリムBluetoothキーボード

2016-05-24 00.00.27

iPadPro購入に伴い、キーボードも新調しました。

なぜこのキーボードを選んだのかは、長くなりそうなので、別記事で書こうかと思います。

カフェである程度長文を書くにしても、このキーボードくらいのサイズは必須ということがよーくわかりました。

それでは早速レビューいきます!


スポンサーリンク

iMac純正キーボードにそっくり!ANKERの外付けキーボード

2016-05-23 23.50.50

外観は見ての通り、マック純正のwireless keyboardに瓜二つです。

さすがに普段マックを使っている僕は見分けが付きますが、Windows派の人には多分どっちがどっちかわからないと思います。

動作は単4乾電池2本で動作し、1日2時間程度の使用で3ヶ月使用できるということで、僕はとりあえずeneloopのOEMと評判のamazonベーシックの充電電池を入れています。

2016-05-24 00.02.51

重量はわずか200g程度と非常に軽量で、アップル純正のwireless keyboardが約300gなので、の3分の2程度の重量となります。

先日紹介したESRのケースが170gほどなので合計でも400gを下回ります。

モバイル性を重視するのであれば、1kgは越えたくありませんので、iPadと合わせて850gほどですから、僕の中では合格点をあげられそうです。

キーの押し心地

2016-05-24 00.00.06

キーの押し心地は残念ながらさすがにアップル純正のワイヤレスキーボードには劣ります。

押す際の重さもアップル純正よりもやや重く、タイプ音も比較的大きめです。周りに寝ている人がいるのであれば躊躇してしまうレベルだと思います。

iOS専用ショートカットキーが充実

このANKERのキーボードはiPadやiPhoneのみならず、アンドロイドスマートフォンや、Windowsにも使用できるマルチタイプと成っています。

ただし、キーの刻印は明らかにアップル製品を重視していると思います。commandやoptionキーはWindowsにはありませんからね。

ショートカット一覧については簡単に紙の説明書にも記載されています。

2016-05-24 00.05.47

接続方法は従来のBluetoothキーボードと同じく、非常に簡単

2016-05-24 00.06.30

Bluetoothでの接続方法については従来通りなので、細かい方法は省略しますが、キーボードのファンクションキーを押しながらBluetoothボタンを押し、iPad側のBluetooth設定画面から使いたいキーボードを選択し、ペアリング用数字を入力するだけでOKです。

iPad mini2用キーボードカバーとの比較

2016-05-24 00.09.11

ご覧の通り、圧倒的にサイズが違います。1.5倍くらいは大きいのがわかりますね。

このサイズの違いがそのままタイピングのしやすさに現れます。

iPad mini用はピッチが狭すぎて、長時間のタイピングは非常に辛かったです。短文やメール程度ならそれほど問題はないんですけどね。

少なくとも僕はブログ記事をiPad miniのキーボードで打つ気にはなれませんでした。

まとめ:ブログ書くなら絶対にフルサイズピッチのキーボード

2016-05-24 00.08.02

この記事は実はこのキーボードで書いているんですよ。家で書いてるのでMac使えよ!って話ですが、実用性があるのかを見極めたく、あえての行動です。

結論としては、へたな激安ノートパソコンのキーボードよりも全然打ちやすいですので、カフェなどにタブレットを持ち込み、記事を書くというのは全然アリというか全く問題ないと思います。

この記事でおよそ1500文字ありますが、25分程度で書き上げることができました。慣れればもっと早くなると思います。

価格も2000円以下と非常に安く、iPad用のキーボードを探している人にはオススメだと思いますね。

僕はしばらくこれ一本でブログを書いてみようと思います。

内蔵バッテリータイプもあります。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です