iPadでも90分で2記事も書けた!ノマドスタイルは筆が進む!

coffee-1159011_640

昨日は生まれて初めてノマドスタイルで記事を書いてみました。

僕自身、なかなかこういう大胆なことは今まで避けてきたんですが、今日は妻と子供がお友達の家に遊びに行っていることをいいことに、ちょっと贅沢にお昼ご飯がてら某ファストフード店で記事執筆です。

そんなノマドスタイルでの記事執筆ですが、自宅で行うとの何か違うのか?色々感じたことがありましたので、その辺りをお話ししていこうと思います。

ちなみにノマドとは遊牧民に使われる言葉のようです。

遊牧民=移住しながら仕事をするという意味で捉えるとしっくり来ます。


スポンサーリンク

思ってたよりも集中できない

eye-211610_640

プロブロガーさんや、プロアフィリエイターさんはよくこういったノマドStyleで記事を書いていると聞きます。

そんな彼らに憧れて、僕もいつかはカフェで記事を書きたい!なんて思っていたわけですが、カフェでの記事執筆は想像以上に集中できません。

完全に一人しかいない環境ならともかく、他のお客さんがいる場合はやっぱり気になってしまいますね。

あの人、一体なにやってんだべ?みたいな。。

これが東京や大阪などの大都会ならそれほど気にならないかもしれませんが、北海道の田舎ではカフェでキーボード叩いているような人間はまずいません。せいぜいスマホ片手にハンバーガーを食べているくらいです。

慣れればいけるのかもしれませんが、僕はまだ全然慣れませんね。

室温・湿度が超快適!頭スッキリになれる

ventilator-349658_640

自宅にはエアコンがないため、昨日の北海道のような雨降りはジメッとしてとても気持ち悪いんですが、カフェであればエアコンが効いているのでとても快適に過ごすことができます。

他のお客さんに気を取られつつも、室温と湿度が非常に快適であるため、頭の回転はいつもよりも多少早くなっている気がします。

やっぱり作業環境として、室温、湿度って大切なんだなと思いましたね。

店員さんの反応

カフェでの作業ってそれなりに長時間になるので、どうしてもお店側としては客の回転率が落ちますよね。なので、お店側としてはなるべく早く帰ってほしいというのが本音かと思います。

今回僕が行った時は僕以外に1組しかおらず、しかも新人さん(バイト?)の教育中だったので、ほとんど店員さんがこちらを向いていることはありませんでした。

滞在時間にしておよそ1時間半、その間もう1組のお客さんもずっと隣で雑談をしていましたが、たまにこちらをちらっと見てはいたものの、大して気にされているようにも見えませんでした。

これがもっと混雑していたら、状況は変わっていたと思いますし、僕もさすがに早い段階で退席していたと思います。

【まとめ】ノマド的スタイルで記事執筆!iPadでブログを書いてみたin某カフェ!

ki-bo0d0

めっちゃ良いですよ。ノマドスタイル。

iPadでの作業なので、写真挿入とか、そういった細かいことは自宅PCでやったほうが良いと思いますが、テキストのみであれば、iPadと外付けキーボードでの組み合わせはめちゃくちゃ快適です。

ただ、やっぱり混んでる時はおすすめできないと思いますね。店員さんや他のお客さんが何回も横を通ることになると思うので、集中も途切れやすいと思いますし、何よりお店の迷惑になりかねません。

今回僕は90分で2記事も書くことができ(普段は1記事1時間以上)、実験は大成功と言えそうです。

自宅よりも余計な費用はかかりますが、お仕事は非常に捗るので、これからもちょくちょく利用することになりそうです。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です