【レビュー第1回】7インチタブレット「Kindle fire」無印を開封するべ

P1010776

僕はパソコンの他にiPadを9.7インチのProと、嫁と子供に占領されている7.9インチmini2をを所有していますが、この度、祖父母(僕にとっては親)へのプレゼントのために購入したので、珍しく開封レビューなんかしちゃいます。


スポンサーリンク

Amazonプライムデーに激安特価3480円で購入

P1010773

今回タブレット購入に踏み切った最大の理由はこの価格です。

3480円ですよ!激安過ぎます!(通常期は8980円)

P1010774

箱を開けると、超シンプルな化粧箱とチラシが・・・。

P1010775

3480円というだけあって、化粧箱には全く金がかかっていません!(笑)

P1010776

こうしてみると、結構立派ですが・・・・横から見ると・・・・

P1010777

なんということでしょう。

箱ではなくて、袋的な箱にKindleタブレットが入っているようです。千歳飴の袋みたい。

P1010778

箱の裏にはさらっとキャッチコピーが書いてあります。

「とても実用的なタブレット」

この主張の弱さがなんだか不安になります。こういった製品は、たいてい

「これ一台があればパソコンはもう必要ありません!」

とか

「Kindleがあれば他には何も必要ありません」

とか。

そういう超強気のコピーがあるもんですが、

「快適なストリーミング再生」

もはや今時のタブレットなら当たり前のことが機械的に書かれているだけです。

・・・・当然ですよね。だって、

3480円ですもん。

34800円じゃないですよ。

さらに・・・さらにですよ・・・。

P1010779

破って開けるのか!!!!?

いいんです。箱なんて、新品の時しか視界に入りません(笑)

梱包されているもの

P1010780

梱包されているのはKindlefire本体と、USBケーブル、電源アダプターです。

あと説明書ですね。

P1010781

P1010782

日本語のページは1ページもないくらいです。ってか、全く説明書になってません。

P1010783

あとは本体のボタン類の説明ですね。

一応アウトカメラもインカメラも備えています。

P1010785

先ほどの黒い髪を開くと、画面のロック解除と充電の方法が書かれています。

それにしても・・・iPhoneよりもシンプルじゃね?って思えるくらい説明書としてはいろいろ足りません。普段スマホをさわらない祖父母がいきなり購入しても、多分電源の入れ方すらわからないでしょうね。

P1010786

充電用のアダプターですが、新品なのに何故か結構傷が入っています。

P1010787

最後に充電ケーブルを接続したところですね。

マイクロUSBケーブルなので、Androidのスマホの充電器でも純電できます。

ってか、付属の充電器はケーブルが短すぎる(50センチくらい?)ので、スマホの充電器を使ったほうが良いような気がしますね。

いざ電源オン!

P1010788

電源を入れると、最初にAmazonのロゴが浮かび上がります。

P1010789

そしてfireのロゴが続きます。

P1010790

バイリンガルを選択して・・・

P1010791

フォントサイズを選びます。

今回は祖父母プレゼント用なので、敢えて最大フォントを選択。

P1010792

Wi-Fiの電波を選択・・・。というか僕の手とカメラが写り込みすぎですね。

P1010793

Amazonプライム会員として購入したため、最初から僕のアマゾンアカウントが設定されています。

じいちゃんたちに渡す時までには別のアカウントを作っておかないとダメですね。

P1010794

P1010795

各種設定をしていきます。

基本的にはデフォルトのままで問題無いでしょう。

引き続き、チュートリアル画面が起動します。

P1010796

P1010801

P1010802

microSDカードで容量を増設

Kindlefireはストレージが最小のモデルで8GBしかありません。そのうちシステム関連に食われる容量を差し引くと、残るのはおよそ5GBほどです。

せっかくのタブレットなのに、5GBだとアプリを数個ダウンロードするだけで終わってしまいかねません。

ということで、きちんと購入しておきました。microSDカードです。

P1010803

Transcend製のmicroSDカード、32GBです。

Amazonで1000円強で買えます。

P1010804

きちんとSDカード変換アダプターも付属しているのが親切ですね。ほとんど使ったことないですけど(笑)

P1010805

Transcendブランドは価格の割に高性能です。

某家電量販店で同じくらいの価格で販売されている粗悪品とは違い、カメラに挿入してもエラーが起こったことが今まで一度もありません。

【まとめ】Kindlefire購入レビュー 前編

前編は開封レビューのみとなりましたが、いかがだったでしょうか。

Kindlefire系は基本的にAndroidベースということで、設定画面等はAndroidを使ったことがある人なら、見たことがあると感じるでしょう。

iPadとくらべると、いろいろな点でチープさを感じますが、価格が数倍〜十数倍違うので、一概に比較しても意味はないと思います。

それでは次回、実際にAmazon fireを使ったレビューをしてみたいと思います。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です