【レビュー第2回】「Kindle fire」は彼女へのプレゼントにピッタリな女性でも片手で操作できる快適サイズ

P1010868

どうも道産子のrubyです。

もう30代のおじさんなので、「子」とは言わないような気もしますが。

さて、前回に引き続きKindlefireのレビューをしていきましょう。

今回は外観を語ります!今回も写真多めです!


スポンサーリンク

本体は安い割には比較的コンパクト

P1010870

Kindleの外観は長辺19.1センチメートルで、短辺が11.5センチメートルと、一般的な7インチタブレットと同等のサイズです。

P1010873

厚みは10.6ミリメートルありますが、手で持つ限り、iPad mini2よりも僅かに厚みがあると感じるくらいで、十分な薄さだと僕は思います。

P1010874

7.9インチiPadと比較してみましたが、画面外側のフレーム部分にやや厚みがあるものの、やはりiPadmini2と持ち比べると明らかに小さいと感じます。

女性でもギリギリ片手で扱える絶妙なサイズ感がイイ!

P1010876

自分は男ですが、体のパーツは小さめで、手の大きさは同僚の女性よりも小さいくらいです。

そんな僕ですが、片手でも十分握ることができ、ウェブ閲覧程度であれば、両手を使わずに操作をすることが可能です。最もスワイプ程度の動作ですけどね。

文字を打つのは流石に難しいですが、ウェブの閲覧を片手で行えるのはiPad miniにはない利点だと思います。

P1010877

ちなみにiPad miniを片手で持つとこんな感じ。

親指と小指がギリギリかかるくらいで、画面をスクロールするためには両手を使わないとできません。手の大きめの男性であれば可能だと思いますが、女性には厳しいでしょう。

タブレットの裏側

P1010875

タブレットの裏側に興味がある人はあまりいないと思いますが、iPadとの比較ではこんな感じ。

P1010879

Amazonの文字が掘られていて、ほんの僅かに高級感を感じます。最も素材はプラスチックなので、金属製のiPadと比べるとどうしても質感は劣ります。価格が数倍違うので、当然ですよね。

物理ボタン類もちゃんとついてる!これ大事!

P1010881

物理キーって僕はすごく大事な要素だと思うんですよね。

僕は以前使っていたスマホの音量ボタンが液晶内の非物理キーになっていたんですよ。

音がなってはいけない状況下で、誤って音を鳴らした時に、物理キーがついていないと、Pocketの中で音量を下げれないからわざわざ出さなければならないんですよね。

あれにはほんとうに困りましたね。

P1010880

参考:横から見た構図

まとめ

Kindleのサイズ感はかなり扱いやすいと思います。

両手を使わずとも多少は操作できるのはとにかく大きな利点ですね。特に僕のように手が小さい男性でも片手操作が可能な点は非常にありがたいです。

一応、このKindleタブレットは祖父母にプレゼントするために購入したものなので、大きすぎず、重すぎずというのは大切な点です。

外観の質感については流石にiPad mini2には及びません。価格的にそれは致し方ないことではありますが、ただ、Nexus7のように、裏面がゴム質だと、手に持った時に滑りにくく、より扱いやすいタブレットになったのではないかと思います。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です