【レビュー第3回】何?!「Kindle fire」はYou Tubeアプリすら存在しない?!深刻なアプリ不足問題が発覚

P1010870

祖父母のために購入したAmazonのKindlefire無印ですが、購入してから早5日が経過しましたが、iPadや通常のAndroidタブレットと比べて気になる点が増えてきたので、ここに記しておこうと思います。

アプリ類の品揃えが流石に悪すぎる

Kindlefireは僕自身ではなく、祖父母がちょっとしたネットショッピングや、孫たちの動画を簡単に見れるようしたり、あとクックパッドを見れるようにしたり・・・・と、そんなレベルで使えれば問題ないと考えています。

あとは、暇つぶし用のオフラインでも使えるゲームなどでしょうか。

だからビジネス用途に使えなくても、一般的な使い勝手があれば、必要十分だと思っていました。

ところが・・・です。

You Tubeのアプリ・・・・無し。

パソコンからのファイル転送・・・・できるけど、かなり問題あり。

クックパッド・・・・これは見れる。(シルクというウェブブラウザやアプリもある)

アプリストアにはそれなりの数のアプリが存在しますが、正直な所、どれもマイナー感が強く、実はウイルスが入ってるんじゃないか?と勘ぐってしまい、なかなかダウンロードまでたどり着きません。

一応、裏技を使えばAndroidのアプリも使えるようになるようなのですが、僕自身が使うならまだしも、祖父母にプレゼントするのであれば、吊しの状態で使いたいというのが本音です。

Amazonドライブというオンラインストレージが存在するも、UIが数世代前のもの

娘達の運動会の動画などをタブレットに入れて渡すために、敢えて32GBのmicroSDもセット購入したわけですが、肝心の動画ファイルをKindlefireに転送するための仕組みがシンプルではありません。

例えば、USBケーブルを使ってPCと接続すれば、PC側からは何かしらのストレージとして認識され、直接ファイルのやり取りをPC側の操作で行えることが僕の理想です。

ところが、この記事を書いている時点で、USBケーブル経由では充電ができる以外、何もできないんですよね。

インターネットで色々調べてみましたが、Kindlefireに関する情報は、基本的に古い情報が掲載されていることが多く、最新型のOSに対応する記事は殆ど見つけることができませんでした。

ファイル共有アプリもDropboxやグーグルドライブが存在しません。代わりに、AmazonドライブというAmazon純正ストレージアプリが存在しますが、これがまた曲者で、タブレット側はDropboxに近いUIなのですが、PC側が数世代前のストレージサービスのように、PCのフォルダと同期ができないんですよね。

しかもファイル転送速度もかなり遅く、動画ファイルなどは待てど暮らせど転送完了の表示が出ません。

中間まとめ

まだまだ使い込みが足りないので、上記内容も間違っている可能性や、他に良い方法がある可能性はあります。

今わかっていることは、通常のAndroidやiPadのような感覚で使用するのは非常に難しいということですね。

僕はKindlefireに高望みはしませんが、冒頭でも書いたとおり、子供の運動会などの動画をタブレットに入れたり、You Tubeを簡単に見れるようにしたりと、その程度のことはなんとかKindlefireでできればなと思っています。

引き続き、Kindlefireを祖父母にプレゼントできるように、試行錯誤をしていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です