激安のKindlefireに高価なケースは精神的に買えないよね?ってことで、999円の革風ケースを購入したよ

スクリーンショット 2016-09-05 00.46.39

ガジェットレビューならおまかせあれ!(嘘)・・・なrubyです。

Kindlefireのレビューは前回の記事で最後だったのですが、じいちゃんばあちゃんにプレゼントするにあたって、端末を裸のままで渡すのも気が引けたので、安価ですが、ケースを購入しました。

こんなやつです。


スポンサーリンク

3480円で買ったAmazon fireに2000円もするケースを買うのはちょっと・・・

Kindlefireのケースは、iPadやAndroid系タブレットと比べて、ケースの取り扱いが多くはありません。

純正品もあるにはありますが、結構高いんですよね。

この記事を書いている時点で2690円ですが、3480円(元は8980円)のfire端末にこんなに高価なケースを買いたくないですよね。

ってことで、こんなケースをみつけました。

1000円未満で買えるAmazon Fire 7 2015 専用ケース

P1020139

ぱっと見は革製のケースです。

PUレザーを使用しており、手触りはしっとり上品です。ただし、安っぽさはそれなりにあります。

以前Nexus7の2012年モデルに使っていた3000円位するケースと比べると結構質感は劣りますが、携帯性を重視されていないため、ケース自体が分厚く、端末を守るという意味ではかなりの強度がありそうです。

P1020140

端末の取り付け方は、枠になっている部分にはめ込んで、マジックテープで止めるという感じです。マジックテープで固定する仕様なんて初めてみましたが、一度装着してしまえば、しっかりと固定されるため、問題は無いと思います。

P1020141

裏面はこのようになっています。

突起部分は、スタンドモードにするときに使います。そのへんは後ほど説明しますね。

P1020143

Amazon Fireを取り付ける途中の図。スライドしながら挿入します。

P1020145

はい、装着しました。

P1020147

このとおり、結構な厚みがあるのがわかりますね。クッション性は抜群です。

P1020149

スタンドモードにするときは、表面のカバーを裏に回し込み、先ほどの突起に差し込みます。

磁石とかそういうのは一切なく、アナログな固定方法です。

はめる時が若干面倒ですが、はめた後は、マグネット式のスタンドよりもかなり頑丈に固定されます。

P1020150

実際に立てるとこんな感じ。全く悪くないです。むしろ、価格から考えると上出来でしょう。

P1020151

横からの構図。

P1020152

背面ですね。

P1020153

サイドにはバンドでタッチペンが装着できるようになっています。

今回は100円ショップで購入したものを装着しています。バンドはゴム製なので、ぴったりサイズでハマります。

Amazon Kindlefire用激安ケース まとめ

アマゾンプライムデーで購入したFireを装着するケースとしては必要十分だと思いました。

もう少し予算を出せるなら、↓のようなケースもありですが、やっぱ、高い。

7万円するiPadなどであれば、3000円位のケースも購入対象になりますけど、3480円のタブレットに3000円のケースは流石にないです。

1000円位のケースが現実的ではないでしょうか。

質感も悪くなく、おすすめです。カラバリもありますしね。

スクリーンショット 2016-09-05 00.46.39

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です