デジカメ好きな僕がカメラ性能を重視してiPhone7plusを予約した3つの理由

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-00-00-482

iPhone7plusを予約しました!

docomoの機種変更なので、まだ納期などは判明していませんが、9月9日16:01からスマホに張り付き、docomoマイショップからオンライン予約を行いました。

何故iPhone7なのか、何故plusを選択したのか、今回はデジカメ好きの僕目線で乗り換えの理由を3つ、語っていきたいと思います。

①デュアルレンズカメラで背景ボケを作れる!だから商品レビューにわざわざ一眼を持ちださずに済む!

僕のブログは特定のジャンルにこだわりはありませんが、比較的レビュー系が多いです。

レビュー用の写真は現在G6というミラーレス一眼や、LX100というPanasonicのコンデジを使用しているのですが、なんだかんだ言ってもスマホのカメラに比べればお気軽じゃないんですよね。

かといって、いつでも携帯しているiPhone6のカメラはセンサーが小さいので背景をぼかすことは非常に難しい。

そこでiPhone7plusです。

iPhone7plusであれば、デュアルレンズシステムによって、擬似的に背景ボケを作り出せるんですよ。

アップル公式から画像をお借りするとこんな感じ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-00-09-28

あきらかに背景がボケていて、被写体が浮き上がって見えます。

実際に手に取るまではわかりませんが、卓上の商品レビュー写真もこのレベルでぼかせるなら、よほど画質に拘るシーンでなければiPhoneのカメラでも十分上質な写真が撮れると思っています。

※背景ボケエフェクトは、年内のアップデートで追加の予定だそうです。

②光学ズームができる(光学2倍)=かゆいところに手が届く

iPhone7の画角が発表されていませんのでiPhone6Sを例に出すと、6Sのカメラ画角は29度。

もしiPhone7も広角端の画角が同様だとすると、iPhone7plusの2倍光学ズームで58mm程度ということになります。

58mmは正直望遠というよりも、一眼レフで言うところの標準レンズに相当する画角ですが、焦点距離が2倍に増える上、F値も2.8となっているので、暗いところにも比較的強く、十分すぎるほどの仕事をしてくれるのではないかと踏んでいます。

③動画でもズームが使えるなら、被写体との距離を離せる。これは地味に大きい

従来のiPhoneでもソフトウェアによるズーム機能はありましたが、所詮デジタルズームであるため、画質の劣化は免れません。

動画でもズーム機能が使えるという公式情報は未確認ですが、もし動画でも光学ズームが使えるのであれば、当然の事ながら離れたところから撮影することが可能なため、様々なシーンでメリットが生まれます。

例えば赤ちゃんの動画。

これまでも画角が29mmとAndroidスマートフォンに比べれば狭めであるため、至近距離まで近づかないと赤ちゃんをアップで写せないということはなかったですが、今回58mmの画角まで伸ばせるなら、今まで以上に離れて撮影すること可能になります。

僕の経験上、やっぱカメラが近づき過ぎると赤ちゃんも気になりすぎてカメラの方に意識が集中してしまって、せっかくの可愛い仕草を中断してしまったりするんですよね。

きちんとしたビデオカメラであれば、離れて撮影できるので問題無いですが、気軽にいつでも使えるスマホの動画機能として光学ズームがあれば、このようなシーンでも赤ちゃんに気づかれずに撮影できる可能性が高くなると思います。

ママさんにとってもメリットはとても大きいと思うんですよね。

他にも僕の場合、たまにYou Tube用の動画を撮るのですが、卓上でレビュー動画を作る場合、ズーム無しで商品を大きく写そうとした場合、かなり被写体にカメラを近づけなければならず、正直ちょっと邪魔なんですよね。

でも2倍ズーム状態であれば、それなりにカメラ(iPhone)との距離も離せるので、手元がすっきりした状態で、撮影に臨めますから、僕にとってはこういう面でもメリットが有ると思っています。

【まとめ】デジカメ好きな僕がカメラ性能を重視してiPhone7plusを予約した3つの理由

以上の3つが僕がiPhone7plusを選んだ3つの大きな理由です。

他にも細かいことを言えば、人物を映す場合であれば、ズーム状態で撮影したほうが、人の顔を歪ませずに撮影することができます。広角撮影はどうしても画面の端の方に行けば行くほどパースがかかってしまいますからね。

また、画面が5.5インチなのも写真の画質を確認するという意味では大きいと思います。

今使っている4.7インチの無印iPhone6は画面の小ささから多少画質が悪くても、液晶画面上は綺麗に写って見えるんですよね。そして、あとからMacで確認してがっかり・・・なんてことは本当に良くあります。

手ブレの確認、ピントの確認など、少しでも画面が大きい方が確認しやすいのはいうまでもないので、写真機能を重視するなら絶対5.5インチのiPhoneplusを選択することをおすすめします。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です