【レビュー】Huawei honor8 〜開封から使用感まで〜

iPhoneというかApple派の僕ですが、Android端末にも手を出してしまいました。

それがHuaweiのhonor8。

いわゆる格安スマホというやつです。

それでは早速レビューの方、していきましょう!

開封の儀

p1030020

今回honor8を購入したのは楽天モバイルです。

申込みから1週間ほどでこのような箱で自宅に届きます。

p1030021

中身はこんな感じ。

iPhoneの化粧箱ほどのクオリティはありませんが、それなりに購入感のある、塊感のある箱にhonorは包まれています。

箱が2つあるのは、大きい方は数量限定のキャンペーン品が付属していたからです。

p1030023

この開ける前の瞬間がたまらない!

p1030024

箱を開けると、honorが差し込まれるように収納されています。

p1030029

ほい、早速本体がお出ましです。

p1030031

フィルムを剥がすとツヤッツヤのボディが登場しました。

ぱっと見はiPhoneに負けず劣らずの高級感です。

p1030032

ボタン類は全て液晶に向かって右側に集中しており、下段が電源ボタン、上段が音量ボタンになっています。

p1030034

背面ですね。デュアルカメラと指紋認証ボタンが付いています。

p1030035

そんでこちらが当機種最大の目玉、デュアルレンズカメラです。

iPhone7plusとは違い、背面に出っ張っていないので、とってもスマート。机においてもレンズが傷つく心配はなさそうです。

honor8の同梱物

p1030025

honor8の付属物はスマホ本体と、充電器だけです。

p1030026

ケーブルはmicroUSBでもライトニングケーブルでもなく、USBタイプCと呼ばれる次世代型のケーブルですね。MacBookなどは充電ケーブルがすでにこれに置き換わっているはず。

simカードのセッティング

p1030022

楽天モバイルはインターネットで完結するため、simカードも自分で入れる必要があります。

p1030028

simスロットを開けるためには、付属している専用の器具を使います。

p1030037

その器具を端末についてるスロット引き出し用の穴に差し込み、

p1030038

このように引き出します。

そこで意外と見落としがちなのが、microSDカードを入れるところです。

p1030045

先程のスロットを更に引き出すと、こんな金具が外れます。

p1030047

この金具に、microSDカードとsimカードを配置し、準備完了です。

キャンペーン特別同梱品

img_1337

今回僕が購入したタイミングでは、購入者にもれなく以下のアイテムが付いてきました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-30-15-32-09

自撮り棒は僕の用途では使いみちが思い浮かばないのですが、マイク付きイヤホンは嬉しいプレゼントですね。本体の同梱物になっていないので。

↓自撮り棒はかなり高級感あります。

しかも手元についているボタンを使えば、シャッターをきることも出来ます。

img_1338

honor8だけでは無く、iPhoneも固定できます。

img_1339

microUSBケーブルは一体何故付属しているのか、よくわかりません。そもそもhonor8の充電はUSBタイプCですからね。変換コネクタがついているので、予備のケーブルとしては活躍できそうですけど。

スピーカーの音質

スピーカーについては、最大音量はiPhone7plusよりも小さいですが、音質についてはブラインドで聞き分けるのはかなり難しいレベルでした。

ただ、iPadProや、iMacのような大型スピーカー搭載機と比べると、どちらも低音はかなり弱いと感じます。

ゲームレスポンス

img_1301

試しにモンストをやってみましたが、レスポンスはかなり良さげで、iPhone7plusを使っている僕ですが、体感的に差は殆ど感じません。

OP後の画面の表示がiPhoneよりも遅いような気がしますが、たまにiPhoneよりも早いこともあります。

いずれにしても、iPhone並であれば性能的に十分でしょう。

写真の画質

img_1343

honor8最大の売りである写真については、別途記事にしようと思っていますので、ここではデュアルレンズカメラワイドアパーチャー機能でどこまで背景をぼかせるのか簡易的な作例を載せておこうと思います。

まず、ノーマル写真。

edf

続いて、ワイドアパーチャー機能を使った写真

edf

いかがでしたでしょうか。

被写体以外を一律でぼかすのではなく、きちんと被写体までの距離に応じて背景をぼかしているのがわかります。

【まとめ】honor8 レビュー

img_1340

Huawei社の格安スマホのフラッグシップ機、honor8。

iPhoneの1/3の価格で購入が可能であるにも関わらず、見た目も性能も、iPhone7に近いレベルに達しています。

所有感もかなり高く、本体の作り込みもかなり丁寧です。

img_1341

格安スマホとしてはZenPone3の人気に遅れを取っている感は否めませんが、カメラ性能、機能を重視して選択するのであれば、かなりおすすめのスマートフォンだと思います。

なお、この機種は楽天モバイルでしか取り扱いがないので、Amazonやキャリアショップでは変えませんのでご注意を。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です