若いYouTuberがどんどん増えてきていることに感化される話。

最近、若いYouTuberが増えていますよね。

みんながみんな、将来動画を作ってご飯を食べていきたいと思っているわけではないとは思いますが、正直、ちょっと感激し始めている自分がいます。

YouTuberって実際やってみるとすごく難しい

僕も一時期YouTuberを目指していろいろやっていた時期がありました。

マインクラフトの動画を作ったり、Wi-Fiの無線LANルーターをレビューしたり。

でもね、実際、低評価付きまくりでかなり精神的にはダメージがデカイです。

それでも頑張って続けて、心が折れそうになっても続けていけば、そのうち固定ファンがついてきて、チャンネル登録者も増えてくるわけですよね。

でもそのレベルに至るまでに大抵の人は心が折れるのではないかと思います。僕は折れました。

例えばHIKAKIN氏。

正直ヒカキン氏の動画はあまり好みではないのですが、よーく考えると、めちゃくちゃ頑張っているんですよね。

その一つとして、毎日更新ですね。

彼は専業YouTuberなので、動画制作にかけれる時間は僕よりもずっと多いとはいえ、それでも毎日更新するというのは半端じゃないです。

これがブログであればまだなんとかなります。ブログは編集時間と言うものが動画に比べれば遥かに短いですからね。

動画は編集がほんとうに大変なんです。15分の動画を作るためには、編集時間が何時間もかかるんですよ。もちろん動画の凝り方や、動画編集ソフトの操作慣れによって多少変わってくるでしょうけど、それでもブログよりは遥かに時間がかかります。

毎日動画を更新するって本当にスゴい。

僕の尊敬するYouTuber瀬戸弘司さんは、最近動画をUPしない日が増えてきています。でも、普通そういうもんだと思うんです。

だって、本当に大変ですから。ましてや彼のような他に類を見ない高レベルな動画編集をするのであればなおさらです。

学生YouTuberが増えてきている

実際学生かどうかは確認していないですが、見た目的に明らかに10代半ばでしょ?ってYouTuberを最近良く見かけるようになりました。

彼らがどういう目的で動画をアップし続けているのかはわかりませんが、もし将来YouTubeでご飯を食べていくために若いうちから実践しているということであれば、僕は素晴らしいことなんじゃないかなと思います。

だって、遊ぶ時間、ゲームの時間を割いて動画を作っているわけですよね。動画は先程も書いたとおり、とんでもなく制作に時間がかかるので、必然的に自由時間はそこに全て充てることになるでしょう。

学生のうちにしか出来ない、経験できないこともあるので、学生のうちから自由時間を全てYouTuber活動に使ってしまうのはもったいないと思う部分もありますが、自由時間を全てゲームに費やしている、生産性のないことに時間を使っている人よりはよっぽど有意義な時間の使い方をしていると言えるのではないでしょうか。

僕のような30代のおじさんも若い彼らの動画を見て励まされる。まだ、頑張り足りないな・・・って。

学生YouTuberの台頭は、僕にとってはとても良い刺激になりました。

僕も何かに理由をつけてはブログを書かない日を作ってしまったり、自分を正当化する言い訳をずっとし続けてきました。

僕の場合は頑張りすぎると(自分的に)キーボードが全く打てなくなるという超弱メンタルの持ち主なので、バランスをとるための施策としてブログを書かない日を作っていましたが、それだって結局甘えの一つなんですよね。

若い彼らだって毎日更新することが難しい精神状態の時だってあるはず。それでも毎日更新を途絶えさせないのは、大事にしている想いがそこにあるから・・・ですよね。

イマドキの若いもんは・・・と思うこともありますが、毎日歯を食いしばって毎日動画を更新している若い人もいるわけで、やっぱり、まだまだ負けたくないな・・・。

子供に大人が負けるわけにいくか!!!・・・と彼らのまだまだ青い動画を見て思いました。

うん、完全に独り言な記事だな。これは。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です