小学生の席替えはいつから女子が好きな男子を選ぶようになったんだ?

workshop-1746275_640

先日娘(小学1年)の通う小学校で席替えがあったらしい。

席替えと言えば、自分が小学生の頃はくじ引きで完全にランダムで決めるものでした。隣にどんな女の子が来るかな?前後の席には仲いい友達が来るかな?なんてドキドキしながらくじを引いたのを今でも覚えています。

イマドキの席替えはくじ引きじゃなかった

※あくまでうちの娘が通う学校での話です。

僕は娘に聞いてみました。

僕:席替えは仲良しの子と近くになれたの?

娘:うん!

・・・と、ここまでは良かったんです。

でも、問題はこの後です。

僕:席替えってくじ引きなの?

娘:違うよー。女子が好きな男子を選ぶんだよ。
(注「女好きの男」じゃないです)

僕:ええ?!

女子児童が好きな男子児童を指名するという不思議な席替え

この席替え方式の意図するところは今のところわかっていませんが、普通に考えて絶対起こるであろう問題が発生します。

そう、女子に選ばれなかった男子はどうなるのか?です。

詳しく聞いていくと、最終的には先生(担任)がペアリングが成立しなかった女子に、選ばれなかった男子を薦めてなんとかペアリングを成立させる・・・ということのようでした。

「女が」「好きな男」を選ぶ?

これっていわゆる・・・合コンってやつじゃないですかね。

小学1年生の授業は合コンなのか?

小学校の席替えは↓↓みたいな感じなのか?

adult-1807617_640

先生が意図的に仲間はずれを作ってどうするんだろう

一応念押ししておきますが、僕はこの席替え方式の真の目的を知りません。なので、もしかすると他に何かしらの意図がある可能性もあります。

好きな人同士でペアリングが出来る児童はもちろん嬉しいでしょう。でも想いが叶わなかった子はいったいどうなるの?

最後に残った、いや、余ったと言うべきでしょうか、その子達は仲間はずれになったりしないの?

そもそも小学一年のうちから「男」と「女」的な意識を持たせるようなことをやってしまってもいいのか。。。

僕には先生のやりたいことがまったくわかりません。

元いじめられっ子であり、クラスの余り物だった僕が思うこと

one-against-all-1744091_640

今回僕はこのことを聞いて、余された児童の気持ちを昔の自分と重ねて見てしまったような気がしています。

僕はもともといじめられっ子に近いポジションで小学、中学と学校生活を送ってきており、それが嫌で高校進学の際は地元の高校に行かなかったという経緯もあります。

喧嘩して顔を殴られても一瞬痛いだけだけど、心を殴られると回復するのに数ヶ月、いや数年かかることだってあります。いじめとか、仲間はずれって本当に辛いんです。

ましてや余り物にされるような、しかもそれが学校オフィシャルのイベントだとしたら、不登校にだってなりかねない。

もしかするとその先生はいじめられたり余り物にされたりした経験がないのかもしれません。

今回は最終的に全員ペアリングが成立(無理やり含め)したようですが、次はきっと上手くいかないと僕は思っています。

僕の考えすぎかもしれないけど、事は起きてからでは手遅れですよ。先生。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です