「仕事と遊び」

というわけで、いきなり復活のrubyです。

最後の投稿が1月15日ということで、本日でちょうど3ヶ月。

たくさんたくさん、休ませて貰いました。

しかし、やっぱり見つめ直す時間って大事なんだと思いました。この間やっていたことは、単にひたすら仕事をしていただけなんですけどね。

浮気性の僕なので、またいきなり方針転換もあり得ますが、再びパソコンの前に向かうまでの3ヶ月について、お話ししてみようと思います。

久しぶりのブログなので、かなり文章がおかしい気がしますが、徐々にリハビリしていきます。

目次(クリックで直接飛びます)

仕事が遊びになった3ヶ月

こういう書き方をすると、いろいろと誤解を招きそうで少し怖いですが、文字のとおりです。

仕事が遊びになり、その結果、これまでの趣味がなくなってきました。

・・・というのも、今年1月から仕事が変わり、サラリーマンですけど自営業に近い性質を持った部署に配属になったんです。

その部署は僕と部下一人というとても不思議な構成になっており、実質的に仕事内容は僕の一存で決められるようになりました。

今までは上司の指示のもとで仕事をしていたのが、全部自分で考えてやらなければならなくなったものですから、そりゃあ楽しいもんです。もともと人に指示されて仕事をするのが苦手なタチでしたからね。

部下時代は目的もそこへ向かう道筋も、基本的に上司が決めるものでした。

でも僕は基本的にそれに従わず、自分自身のやり方で結果を残してきましたから、なんとも言えない気持ち悪さを常に感じていました。上司としては使いにくい部下だったことでしょう。

しかし今は僕がすべてを決めることができます。目的も、道筋も何もかも。もちろんそれに伴う責任も。

ですが、3ヶ月やってみて一つの仮説が立ちました。

仕事が楽しい。いや、これは仕事じゃ無くて、遊びなんじゃないか!?

仕事と遊び

仕事が趣味って言う人、たまにいますよね。

そして僕は今までそういう方をちょっとキモい・・・なんて思っていたりもしました。

でも、今はちょっと違ってきました。だって、遊びと仕事の根本的な違いって何よ?って疑問に感じたからです。

遊びは一般的に楽しいことですよね。では仕事は?仕事はお金を稼ぐためにやっているつらい作業?大人だからやらなければいけない義務?

・・・なーんて考えているうちは仕事は「仕事」なのだと思います。

僕の場合、今の仕事は楽しい・・・というか、違和感が無いんです。

普通は仕事とプライベートって切り替えるもの・・・って言われていますよね。

でもその切り替わりを感じることが無くなったとしたら・・・それは本当の意味で仕事が人生の一部を成すものとなった、そういうことになるのではないでしょうか。

早く仕事を終わらせて、遊びに行こう!っていう感覚が、今の僕にはありません。

仕事が遊びになり、遊びが仕事となる。

これは素晴らしいことではないかと思っています。

おわりに

まったくもって、まとめになっていませんが、今回ブログを復活させることを決意したことと、今回お話しした仕事と趣味の同化は深い関連性があると思っています。

この記事の内容からも察することができると思いますが、今後は自分の人生の一部としてブログを書いていくことになる・・・そんな気がしています。

ですので、ブロガーのつもりもなければ、アフィリエイターのつもりも無く、ただただ趣味(仕事)の一部として、自然に書きたいと思ったこと、それだけを書いていくブログになると思います。

よって、毎日更新などの考えもありません。自分はブロガーではないからです。

締めになりますが、やはり人生における仕事を「仕事」だと思うことは、損なことだと僕は思います。

定年である60歳、年金満額受給を考えると65歳までの間、大半を占める仕事の時間をつらい時間として扱うのは、「もったいない」以外の言葉が見つかりません。

もちろんこれは僕個人の考え方であり、幸せのあり方は100人いれば100通りあるわけで、それを否定するつもりもありません。

でも、つらい気持ちばかりを抱えて仕事をすることは、絶対に良くない。仕事は見る角度を変えるだけで趣味に変わることだってある。これだけは断言したい。

余談ですが、この記事は仕事がつらくて悩んでいる後輩社員に向けて書いてみました。

この記事がその後輩の目に留まることは無いでしょうけど。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です