ライフプランを立てる上での資金計画に関する基本【FP3級】

ライフプランを立てる上で重要なタイミングがあります。

教育資金・住宅資金・老後資金です。

この3つはライフプランの中でも非常に大きな出費が伴うイベントであり、ここでのプランニングは大変重要なものです。

教育資金のプランニング

子供の教育には大きな出費が伴います。

幼稚園から始まり大学進学まですべて費用が低く抑えられる公立で考えても、

幼稚園 3年間で60~70万円

小学校 6年間で70万円~150万円

中学校 3年間で50万円~100万円

高校  3年間で100万円

大学  4年間で500万円~600万円

合計すると800万円~1000万円オーバー

※多少の習い事や部活動費用を含む

このようになるわけです。

つまり、無計画で乗り切れるほど、甘くはないということになります。お金持ちの方は別ですが。。

教育資金を貯めるためには通常の貯蓄はもちろん、学資保険(教育保険)などの商品も利用しながら計画的に資金を貯める必要があります。

また、教育ローンなどの借金や、奨学金制度なども状況に応じて使い分ける必要がありますね。

教育ローン

ローンの種類

公的ローンと民間ローンがありますが、公的ローンであれば、日本政策金融公庫が融資元となっており、

最高350万円まで借り入れ可能

金利は1.81%(固定金利)

返済は最長15年まで

となっています。

民間の教育ローンも2%前後~4%くらいまでの金利で借りることができるので、状況に応じて使い分けることになると思います。

返済期間、金利、上限額など、ローン提供元によって大きく融資条件は異なります。

なお、以下の特定の条件においては、18年以内の返済となる。

交通遺児家庭

母子家庭

父子家庭

世帯収入200万円以下

国の教育ローンの資金使途

学費だけではなく、下宿費用や、国民年金の掛け金にも利用できる

民間教育ローンの資金使途

授業料・入学金どちらにも使える

奨学金制度

日本学生支援機構(JASSO)(独立行政法人)が有名どころですが、第1種奨学金(無利息)と、第2種奨学金(利息あり。ただし在学中は無利子)があります。

第1種の無利息のタイプは特に優秀な学生及び経済的に厳しい家庭が利用でき、第2種は審査の緩いタイプになっています。金利も年間最大3%かかる仕組みです。

住宅資金のプランニング

住宅資金は一般的にローン頼みになると思いますが、ローンの場合、融資上限は物件価格の8割程度となるため、頭金として2割程度支払わなければなりません。

例えば3000万円なら、600万円は最初に用意する必要があるということになりますね。

頭金の用意手段としては、財形住宅貯蓄といった銀行系のサービスが一般的です。

財形住宅貯蓄

この制度は財形年金貯蓄と併せて利息に税金が掛かりません(上限550万円)

契約申し込み可な人は、55歳未満の勤労者

増改築の場合でも払い出しが可能

一人1契約しか行うことができない

住宅ローンの金利

基本的に固定金利の方が金利が高い。

固定金利型

金利がローン終了時まで変わらない

変動金利型

市場の金利変動によって、金利が変動する

固定金利選択型

ローン返済開始時は固定金利、一定期間経過後は固定金利か変動金利か選択できる

住宅ローンの返済方法

元利均等返済

毎月の返済額を変えずに返済する方式→期間経過する毎に元本の割合が増える

元金均等返済

毎月の返済額のうち、元金を固定して返済する方式→期間経過するごとに、返済額が減る

一部繰り上げ返済

ローンの一部を繰り上げて返済できる。

繰り上げた場合、その後の返済額を変えずに返済期間を短縮する期間短縮型(効果大)と、期間を変えずに返済額を減額する返済額軽減型の2種類がある。

住宅ローンの控除

借入期間が10年以上のものが対象

親族からの借り入れは対象外

繰り上げ返済し、借入期間が10年未満担った場合、適用不可能

フラット35(買い取り型

100万円以上8,000万円以下建設費または購入価額以内で借りられるローン

非住宅部分に関する部分は含まれない

フラット35(買い取り型)の繰り上げ返済

インターネットを利用した場合、10万円以上から繰り上げ返済できる

インターネットを使用しない場合、100万以上から繰り上げ返済できる。

いずれも繰り上げ手数料は無料である。

フラット35の年間合計返済金額の割合

年収400万円以下・・・30%以下まで

年収400万円以上・・・35%以下まで

老後資金

老後の生活設計をリタイアメントプランニングと呼びます。

老後の収入源は、賃金を得ないのであれば、退職金、公的年金、貯金となります。この他に民間の年金保険等を利用しながら、生活費を捻出します。

現役時代にいかにして用意するか、これが老後資金の基本となると言えますね。

その他

個人が貸金業者からの融資

総量規制により、年収の3分の1を超えることができない。(個人向け貸し付けのみ)

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です