ん?新人くん、医療保険入ってないの?【貯金があれば保険は不要?】

最近は仕事柄、若手社員のマネジメントをすることが多いのですが、ここが北海道の田舎だからなのか、それが時代なのか、新人若手社員は医療保険に入っている率がかなり低いと感じます。

新人M崎くんに保険に入ってない理由を尋ねる

ruby
M崎くん、そういや保険って入ってるのかい?
M崎後輩
いえ、入ってないと思います
ruby
親御さんが保険掛けてくれてるのかい?それともなんか入らない理由とかあるの?
M崎後輩
特に親は掛けてないと思います。やっぱ、保険って必要何なんスかね?
ruby
そうなんだ。貯金とかあるならいいけど、いきなり入院とかあるかもしれんから、入っておいた方がいいよ?
M崎後輩
うーん、まだ入らなくていいかなーって思ってるんで。

別にこっちは構わん・・・だがしかし

M崎くんが保険に入らない理由は正直わかりませんでした。

給料が低いから掛け金が厳しいのか、それともまだ若いから病気にならないと思っているのか、はたまたなーんにも考えていないのか。

別に僕は後輩がどうしても保険に入りたくないなら構わないです。でも病気っていきなり発症することも多いわけで、しかも入院・手術となると内容によりますが、軽く6桁の支払いが発生しますからね。

もっとも高額療養費制度があるので、後から自己負担限度を超えた医療費は戻ってきます。・・・とはいえ、いったんは大きな出費が伴うわけです。

自分も20歳過ぎくらいに、いきなり盲腸を発症し、保険に助けられた身なので保険の大切さは身にしみてわかっているつもりですし、昔は先輩から無理矢理保険に入らされたような気もしています。

たぶん、当時の先輩も今の僕と同じような考えがあってのことだと思います。

だからこそ・・・

ruby
新人くん、本当に入らなくていいのか?後でどうなっても知らないよ・・・

貯金と医療保険

まぁ新人Mくんとのやりとりはこんな感じです。

僕自身もまだまだFP、それも3級を受験したばかりで合格証書も貰っていないこともあり、強くは保険加入を勧めませんでしたが、よくよく聞くと、貯金もほぼ無いとのことで、万一病気を患っても何も手を打てない状況なのは明白です。

最近はプチ贅沢という言葉が流行っているように、自分自身の楽しみのための出費は皆惜しみませんが、こういった未来への備えという視点がごっそり抜け落ちている若手社員は非常に多く感じます。

医療保険は、貯金がたくさんあり、入院中も贅沢(一人部屋など)をしないのであれば、高額療養費制度を使って、一般的な収入の方であれば1ヶ月最大でも9万円程度の出費にしかならないため、無理にでも加入する必要は無いかもしれません。

また、仮に日額5000円の保険だったとしても、1回に入院で60日(契約による)までしか保険金が下りないのであれば、最大でも5000円×60日で30万円(+手術給付など)しか下りないため、掛け金によってはそのお金をそのまま貯蓄に回した方が良い場合もあります。

ただし、それはあくまで病気をしないという前提の元で成り立つ話であり、未来のことなど誰にもわからないはずです。

今回はたまたまMくんの事例を紹介しましたが、他にもかなりの若手社員が同じ状況にあり、今後は彼らの生活をどのように改善していくのかが課題になりそうです。

The following two tabs change content below.
ruby(るびぃ)

ruby(るびぃ)

Apple製品、デジカメ、Minecraft、スプラトゥーンが大好きです。ガジェットを駆使して人生を豊かに便利にする方法を日々考案中。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です