ガルマックスという大手ガジェットサイトでレビュアー始めました。

スポーンサーリンク



この記事の所要時間: 526

すっかりご無沙汰でした。rubyです。

さすが年末です。なかなかブログにかかる時間が取れません。

今回はタイトルの通り、ガルマックスレビュアーとして活動している件について、ご報告したいと思います。寄稿・・・みたいな感じですね。

ガルマックスとは?

僕がレビュアーとして活動しているガルマックスは、ガジェット系ブログとしてはかなり有名なところで、特にスマホやタブレットなどのベンチスコア「Antutu」を調べようとググればかなりの高確率で上位表示されていると思います。

ガルマックス

ブログを運営されている猶木さんは大のガジェット好き、かつ非常にマメな方で、Antutuのベンチマークについては毎日欠かさず情報を更新しています。

正確なPV数はわかりませんが、数十万以上は確実な巨大サイトです。

ガルマックスレビュアーになったきっかけは?

今年の9月ころの話です。

ガルマックスのツイッターアカウントは、以前からフォローしていたのですが、たまたまレビュアー募集のツイートが流れてきました。

最初は興味がない、というか自分のブログの更新すら毎日できていないのに、これ以上のリソースを割くのは無理だなーと思い、スルーしていたのですが、ふとある考えが頭をよぎりました。

「自分の殻、破れるんじゃないか?」

rubylog自体はすでに3年程度運営してきましたが、未だにしっくりと来るコンテンツが作成できず、悩んでいた矢先のことだったため、他の人の考えに直接触れるチャンスだと思い、思い切って応募してみたのです。

結果、見事採用されることになり、9月末頃からガルマックスレビュアーとしての活動が始まりました。

レビューサイトってステマじゃないの?

・・・って普通は思いますよね。

他ブログですが、LABOONというブログの運営者の考え方を是非ともご一読いただきたい。

LABOON

つまり、そういうことです。

レビューって本当はめちゃくちゃ大変なんです。(・・・と僕の場合、今更認識しました)

レビュアーとして投稿した記事

この記事を執筆している時点で、合計18本のお仕事をいただきました。

記事制作秘話・・・じゃないですが、実際に投稿するまでの僕自身の悩みや想いなどを書き綴ってみようと想います。

Jumper EZbook 3S

初めての投稿は中国のJupiterというパソコンのレビューでした。

英語配列のパソコンに苦しみながらも、投稿用写真撮影や必要なテストを行いながら記事を仕上げました。

中国語版なので、日本語化しなければならず、ガルマックス管理者の猶木さんと相談しながらなんとか形になった感じでしたね。

SSD256GB搭載で、メモリも6GBと国産PCなら10万円近い性能のPCが3万円台買えることに驚きつつ、妻用PCにガチで欲しいと思った1台でした。

MUSON Drive Recorder DRV-1

次の投稿はドライブレコーダー。

自身が一度も使ったことがないドラレコということで、どのようなレビューを作ればいいかというスタートでした。

ドラレコ=動画を撮影するものということで、動画制作も必須だと感じつつ、動画関連の危機もソフトもすでに手放していたので、どうやって動画編集をするか、非常に悩みました。

以前使っていたMacもすでに売却済みで、Adobe Premiereも解約済みでした。

撮影したものをそのまま投稿する・・・というのは、ガルマックス基準には見合わないと思い、最低でもカット編集程度の編集を検討。

そこで思いついたのが、iPhoneのiMOVIEでした。

IOS用のiMOVIEは、Mac版ほど編集の自由は効きませんが、カット編集や簡単な文字入れであれば可能であることはわかっていたので、パソコンからDropbox経由でiPhoneにドラレコの動画データを移行し、iPhone7plusでの編集を行いました。

そして、できた動画がこれ↓です。

クオリティとしては明らかに不足していますが、カット編集、文字入れ、動画のストップなど、ドラレコレビューに必要な最低限の要素だけはなんとか突っ込みました。

こうして、2本めの案件もなんとか終えることができました。

まとめ:初めてのレビュアーは勉強になることしかない

レビュアーとして活動して感じたことは、今まで自分自身のrubylogに対する姿勢が不真面目だった・・・という事実でした。

文章の書き方、ユーザーへの向き合い方、気分しだいで変わる文章の論調、様々な点で僕のrubylogはガルマックスの足元にも及ばない・・・そう強く感じました。

さらに言えば、僕のブログのコンセプトの見直し、僕は本当は何がしたいのか、そういったことを考えるきっかけを、レビュアーとして活動することで得られたと思っています。

そして、もう一つ。

今まで僕はブログ、インターネット上で他の誰か(SEOの巨匠であるパル師匠)とつながることはあっても、直接お仕事のやり取りをしたことはありませんでした。

ですが、レビュアーという仕事は、一つの仕事を他の人と一緒に作り上げていくものだと思います。

これって、リアルビジネスと同じですよね。僕は現実のビジネスは正直楽しく忙しく毎日働いていますが、今のガルマックスレビュアーという仕事も同じような感覚で取り組んでいます。

これがまた凄く楽しいんです。

やはり【仕事は人と人が繋がって達成するもの】だと、改めて感じました。

ガルマックスレビュアーになって得られたもの。それはとんでもなく大きいものだと強く感じる今日このごろです。

次回記事以降もレビュアーとしての活動はブログに記していこうと思います。

完全に精神論的な記事ですが、そんなものでも誰かの役に立てばうれしいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です